仏名門パリ・サンジェルマン、仮想通貨企業Crypto.comとNFTリリースへ

限定パリ・サンジェルマンNFTのリリースも予定

フランスの名門サッカークラブ、パリ・サンジェルマンFC(PSG)は、暗号資産(仮想通貨)プラットフォーム、Crypto.comと今後数年にわたるパートナー契約を結んだことを発表した。

パートナーシップの料金の大半は、Crypto.comの独自暗号資産である「CRO」で支払われるという。

Crypto.comは「オフィシャル・クリプト・パートナー」となり、ブランドの広告のみならず、パリサンジェルマンの限定NFTのリリースなども行っていくとしている。

パリ・サンジェルマンのチーフパートナーシップオフィサーであるマーク・アームストロング氏は、「私たちはイノベーションに対する情熱、そしてトップに立つという野心を共有している。」とコメントした。

スポーツ産業への進出を強化

90カ国以上に1000万人以上のユーザーを持つCrypto.comは、暗号資産の売買だけでなく、決済サービスや暗号資産Visaカードなど多様なサービスを提供している。

NFTはCrypto.comが最近新たに参入した領域で、これまでにアストンマーティンのF1チームや、アーティストであるSnoop DoggのNFTをリリースしてきた。

関連:Crypto.comがF1(フォーミュラ1)のグローバルパートナーに

また、Crypto.comは、モータースポーツ、フォーミュラ1(F1)と提携、F1ドライバーに送られる「オーバーテイク賞」を新たに設置するなどしている。

その他にもUFCや、アイスホッケーのワールドチャンピオンシップシリーズ、イタリアのサッカークラブ、セリエAとのパートナーシップ締結などを行っており、スポーツ産業との接点を増やしている。

スポンサーとなることで、ロゴ等の露出による認知度向上のみならず、熱心なスポーツファンに向けたNFTのリリースなどで更なるユーザー拡大に繋げることが狙いとみられる。

関連:NFTとは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します