CoinPostで今最も読まれています

Polygon、大手監査法人EYとの協業を発表 イーサリアムの企業向け技術開発へ 

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアムの企業向け技術開発へ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のスケーリングソリューションを提供する「Polygon(ポリゴン)」は14日、世界四大会計事務所の1つである監査法人アーンスト・アンド・ヤング(以下、EY)と協業を開始したことを発表した。

両社で協力し、企業向けのイーサリアムのスケーリングソリューションを開発する。また、イーサリアム上の取引におけるプライバシーを強化したプロトコル「Polygon Nightfall」の開発についても協業していくと発表。他にもEYは、Polygon上に主要なブロックチェーンプロダクトを展開していくとした。

EYは、これまでもブロックチェーン・仮想通貨の技術に高い関心を示している。今年7月には、新たにゼロ知識証明のレイヤー2プロトコルのコードを公開したと発表。このプロトコルは、セキュリティとプライバシーを保ちつつ、従来と比較して8分の1という低いコストで取引を行うことを可能とする。このプロジェクトは「Nightfall 3」と名付けられた。

関連EY、イーサリアムのL2を開発・オープンソースに

ゼロ知識証明とは

証明(Proof)プロトコルの一種であり、証明者が「自身の主張は真実である」以外の情報を検証者に開示することなく、その主張が「真実である」と証明するメカニズム。

▶️仮想通貨用語集

イーサリアムの取引でプライバシーを高めるために、EYが最初にNightfallを発表したのが2019年。しかし、イーサリアムのメインネットの混雑や手数料高騰によって普及が妨げられてきたという。

この問題を解決するためにEYはスケーラビリティソリューションを探り始め、7月に上述したNightfall 3を発表。この過程でPolygonと協業するようになり、Nightfall 3の別名を「Polygon Nightfall」とする案が出されたとしている。Polygon Nightfallとしての開発はかなり進められており、これからさらに詳しい内容を共有すると説明した。

Polygon Nightfallは、Nightfall 3のプロトコルと同様、処理性能を向上させるレイヤー2技術である二つの「Rollup(ロールアップ)」を組み合わせる。「ZK Rollup」で利用されるゼロ知識証明と、「Optimistic Rollup」のコンセプトを組み合わせ、独自のプライバシーに特化したRollup技術を開発するとした。

企業向けのユースケースでは、利用者からもプライバシーを望む声が多いため、このようなソリューションは需要があると見込んでいる。企業にとっては、取引に関するコストや所要時間が予想しやすくなるメリットもあるという。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:50
Web3ゲームの4分の3が失敗に=CoinGeckoレポート
仮想通貨データサイトCoinGeckoは、過去5年間でGameFiの4分の3が失敗に終わっているとのレポートを発表した。
10:10
フィリピンSEC、バイナンスの規制違反を指摘
フィリピンSECは、仮想通貨取引所バイナンスは同国で認可を取得せずに有価証券を販売していると国民に注意を促した。現地メディアはSECがバイナンスへのアクセスを遮断するなどと報じている。
08:15
FTX遺産、8.7億ドルの仮想通貨投資信託売却可能に
米デラウェア裁判所は29日、破綻した仮想通貨取引所FTXの債務者側が提出したグレースケールとBitwiseの仮想通貨投資信託の株式に関する売却提案を許可した。
07:45
米3Q実質GDP+5.2% 来年5月までのFRB利下げ観測高まる
米国株は月末で小幅安。第3四半期の米実質国内総生産改定値は前期比で年率5.2%増に速報値の4.9%から上方修正され、21年10─12月期以来の高い伸びとなった。
07:25
C・ロナウド選手、バイナンスとの契約巡り集団訴訟に直面
サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手は、仮想通貨取引所バイナンスのプロモーションに関わったとして、米国で集団訴訟に直面。原告は、同社の有価証券販売に関与したなどと主張している。
06:45
米SoFi、仮想通貨取引サービスを停止へ Blockchain.comへ移行
米オンライン融資仲介サービス大手SoFiは29日、仮想通貨取引サービスの閉鎖および移行計画を発表した。Blockchain.comへの移行が必要となる。
06:05
ブラックロックとInvesco、ビットコインETFの上場申請でSECと再び面談
米SECは現物型ビットコインETFの上場申請について、今週28日に申請側のブラックロック(2度目)・Invescoと会議を行ったことが判明した。ゲンスラー委員長は別のイベントでETF申請についてコメントをした。
05:30
米で13番目のビットコインETF上場申請に、スイスPando
スイスの資産管理会社Pando Assetは米国で、現物型仮想通貨ビットコイン(BTC)ETFの上場申請を行っていることが判明。
11/29 水曜日
21:01
IOTA財団がUAEアブダビ当局と提携、エコシステム成長を促進
仮想通貨IOTAの研究・開発を行うIOTA財団は、UAEアブダビで、金融センターADGMと協力し、プロジェクトを成長させていくと発表した。
18:00
預けるだけで仮想通貨が増える?|CoinTradeのステーキングを解説
出典元:CoinTrade 2023年11月、ビットコイン(BTC)が年初来高値を更新したことをうけ、仮想通貨(暗号資産)業界は盛り上がりを見せています。 一方で「仮想通貨には…
16:28
米財務省 仮想通貨業界への調査権限拡大を議会に要請
米財務省がハマス制裁の一環として仮想通貨業界への調査権限を拡大へ。過激派組織のデジタル資産利用に対抗するための新たな法案を議会に要請し、アンチマネーロンダリング規制を強化する動きを加速。テロ資金の流れを追跡し、国際的な安全保障を高める目指す。
15:33
Coinbase顧客にBybit関連の「召喚状」通知、CFTCの動きに焦点
仮想通貨取引所Coinbaseが規制当局の召喚状について顧客に通知。Bybitの利用歴のあるCoinbase顧客に関する情報提供をCFTCが求める。Bybitは米国サービスを否定もVPNアクセスの可能性あり。Bybitは仮想通貨取引量トップ3で2,000万ユーザーを達成。
14:54
「中国の信用拡大はビットコインへの資本流入を促す可能性がある」ヘイズ氏
仮想通貨取引所BitMEXの共同創業者で元CEOのアーサー・ヘイズ氏は、中国における信用拡大が世界市場に波及し、結果的にビットコインなどのリスク資産全般への資本流入を促進するとの見解を披露した。
14:00
SNS連携のWeb3ウォレット「TIPWAVE」公開
NextmergeがX(旧Twitter)やDiscordユーザーに便利なWeb3ウォレット「TIPWAVE」を発表。SNSとの連携で暗号資産(仮想通貨)とNFTの利用が簡単に。ソーシャルメディアアカウントに対するNFT配布も可能になる。
12:40
ビットコイン投資商品9週連続の純流入、21年11月の「強気相場」以来最大規模に
暗号資産(仮想通貨)市場では、CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)の先物OIがバイナンスを上回る規模を拡大。CoinSharesのデータではビットコインETPなどの投資商品に21年11月以来最大の資金流入を観測した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア