EY、イーサリアムのL2を開発・オープンソースに

レイヤー2プロトコルを公開

大手会計事務所のEY(アーンスト・アンド・ヤング)は、新たにゼロ知識証明のレイヤー2プロトコルのコードを公開したと発表。EYは2019年にも同様の取り組みでコードをオープンソース化して公開している。

このプロトコルは、他のレイヤー2ソリューションと同様に、セキュリティとプライバシーを保ちつつ、従来に比べ低いコスト(8分の1)で取引を行うことを可能とする。

『Nightfall 3』と名付けられたプロジェクトは、技術的には「ゼロ知識証明-オプティミスティックロールアップ(ZK-Optimistic Rollup)」と呼ばれている。なお、初代のNightfallは、ZK(ゼロ知識証明)プロトコルだった。

ロールアップ(Rollup)は、イーサリアム(レイヤー1)の処理性能を向上させる取り組みを総称するレイヤー2の技術で、大量のトランザクションをオフチェーンで処理することによって効率性を向上させる。

レイヤー2(L2)

レイヤー2とは、イーサリアムを1層目とした「2層目」のブロックチェーンのこと

▶️仮想通貨用語集

ZK RollupとOptimistic Rollup

ロールアップにはZK RollupとOptimistic Rollupがあるが、共にイーサリアムのスケーラビリティを向上し高騰するガス代(手数料)の改善に繋がる技術として有望視され、開発等が進められている。

Optimistic Rollupはブロックを一旦受け入れ、無効なブロックであるかどうかのチャレンジ期間を設ける仕組みの為、楽観的(Optimistic)と呼ばれる。その一方でZK Rollupはゼロ知識証明と呼ばれる技術によってチャレンジ期間を必要としない。EYによるとNightfall 3はそれら二つの技術を組み合わせたものだという。

プレスリリースでは、Nightfall 3について「ゼロ知識証明(ZK)とトランザクション検証を扱う新しいモデルを組み合わせ、効率性を向上しトランザクションコストを削減する」と説明した。

Nightfall 3では、プライバシーを確保しつつ、従来のトークン送金に比べおよそ8分の1にガス代を抑えているという。また、APIを開発者に提供し、開発者が学習コストを抑え簡単に利用できるようにしているという。

EYのグローバルブロックチェーンリーダー、Paul Brody氏は次のようにコメントした。

EYの知見に基づくと、ZK-Optimistic Rollupsは、秘匿されたトランザクションをパブリックなイーサリアムネットワーク上で実行する上で、セキュリティインセンティブと数学的な効率性において現時点で最も効果的だと考えている。

EYは2020年9月に、企業向けに2つのブロックチェーンのソリューションを提供開始している。

関連:大手監査法人EY、ブロックチェーン・ソリューションを2つ同時公開

著者:t.tenporin
参考:EY

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します