米モルガン・スタンレー、仮想通貨リサーチ部門が発足=報道

モルガン・スタンレーの仮想通貨リサーチ部門

米金融大手のモルガン・スタンレーは暗号資産(仮想通貨)のリサーチ部門を新たにローンチした。ブルームバーグが報じた。

報道によると、モルガン・スタンレーは同社の欧州拠点の外貨ストラテジストSheena Shah氏を仮想通貨リサーチ部門のリードアナリストに任命した。Shah氏はモルガン・スタンレーがこれまで行ってきた仮想通貨リサーチに協力していた人物で、ロンドンに設置されたリサーチ部門で、仮想通貨がエクイティや年金債券などの金融商品に与えうる影響を調査するという。

モルガン・スタンレーは今年、複数のファンドでグレースケール社が提供するビットコイン(BTC)の投資信託「GBTC」を保有することや、ビットコイン関連のファンドを機関投資家クライアントに提供することで、最も仮想通貨市場に積極的に関わっているウォール街金融大手として注目を集めている。

関連米モルガン・スタンレー、複数のファンドでビットコイン投資信託を保有

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します