米仮想通貨投資企業Arca、新ファンドで33億円調達

仮想通貨ファンドに需要オーバー

米暗号資産(仮想通貨)投資企業Arcaは5日、新規ベンチャーファンドをクローズし、33億円調達したことを発表した。

このベンチャーファンドは「Endeavor」といい、NFTやブロックチェーンゲーム、Web3.0の関連企業に投資するものだ。米大手仮想通貨投資企業Galaxy Digitalが主導しておりわずか1週間で調達の目標額に達して、募集額以上に申し込まれたという。

Web 3.0とは

ウェブ3.0(Web3.0)は、Web1.0およびWeb2.0に続く、ウェブサイトおよびインターネットの潮流、特徴および構造を表している概念。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

Arcaは機関投資家が投資できる仮想通貨関連ファンドを提供しており、560億円に相当する資産を運用。8月に業界初のアクティブ・インカム(配当収入)イールドファンド「Arca Digital Yield Fund」をローンチし、現在主要ヘッジファンドの「Digital Assets Fund」とともに運用している。

現在、米国ではより大型の新規仮想通貨・ブロックチェーンファンドの資金調達事例が増えつつある。例えば、9月に、大手Jump Capitalが新たなファンドで約380億円を調達し、米大手資産運用企業フランクリン・テンプルトン(Franklin Templeton)は初のブロックチェーンのベンチャーファンドで22億円を目標額として調達を行なっている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します