韓国、仮想通貨取引への課税を2022年から実施か

仮想通貨取引への課税を来年開始か

韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は6日、暗号資産(仮想通貨)取引への課税制度を2022年から施行する予定を表明した。The Korea Timesが報道した。

企画財政部(日本の財務省に相当)は以前から、仮想通貨取引で1年間に250万ウォン(約23万円)以上の利益を得た者に20%の税金を課すことを計画していた。当初は10月1日から施行予定だったが、業界から税務報告のためのインフラが整っていないとの声も挙がったため、3か月延期していた経緯がある。

韓国の国会では来月2日まで、政府機関に対する監査が行われている。経済財政部の国会監査の場で、長官は「施行がさらに延期されることは、政策に対する国民の信頼を失い、法制度の安定性を損なうことにつながる」と述べた。

実名のアカウントや、仮想通貨取引所が監視するユーザーデータに裏付けられた課税インフラがすでに確立されており、税務報告の準備も整っていると主張した。

韓国では、仮想通貨取引所が、銀行と提携してユーザーの実名口座を開設するなどの体制を整えた上で、当局にライセンス登録することが求められている。

この新たな法改正により、ライセンスを取得できない多くの取引所が事業の一時停止、あるいは廃業に追い込まれる見込みだと報じられた。

関連韓国、仮想通貨取引所の半数以上が停止か廃業に=報道

NFTは課税対象外

一方で、NFT(非代替性トークン)については、まだ韓国で「仮想資産」として分類されていないため課税対象とはならない見込みである。

ただ、金融監督院の鄭恩甫(チョン・ウンボ)院長は7日、国会監査の場でNFTの規制計画について言及した。金融監督院は、金融情報分析院(FIU)やその他の行政機関とも協議して、規制の抜け道を塞ぐために動くと述べている。このため、協議結果によっては、将来的にNFTについても規制や課税の対象になる可能性がありそうだ。

NFT(非代替性トークン)とは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

トークン上場基準やユーザー補償も議題に

国会監査では、仮想通貨に対する課税の他に、取引所へのトークン上場についても議題に上った。金融委員会(FSC)の高承範(コ・スンボム)委員長が、「仮想通貨の上場実施・上場廃止の基準強化を検討する」と話した格好だ。

背景としては、大手取引所Upbitで298銘柄のコインが上場していたが、これまでに、そのうち約半分の145銘柄が上場廃止になっていることが指摘されたことがある。監査の席で、Upbitは「アルトコインの無謀な取引」を提供して、巨額の上場手数料や取引手数料を得ていたのではないかとの声が挙がっていた。

その他に委員長は、ボイスフィッシング(電話などにより被害者を誘導するフィッシング詐欺)の被害者が被った損害を、仮想通貨取引所が補償するよう要求することも検討すると述べた。

現在、こうした不正行為による損害の回復に責任を負うのは、銀行などの金融機関のみとなっている。もし要求が実現すれば、こうした責任対象となる金融サービス企業の定義を拡大し、仮想通貨企業も含める可能性がある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します