スイスのシンクタンク、中央銀行にビットコイン保有を提案へ

中央銀行にビットコイン保有を提案へ

スイスの非営利のシンクタンク「2B4CH」は、同国の中央銀行「スイス国立銀行(SNB)」が準備金の一部としてビットコイン(BTC)を保有するように推進する取り組みを開始した。

同国の連邦憲法99条に書かれている「スイス国立銀行は、準備金の一部をゴールド(金)で保有する」という箇所に、「ビットコインの保有」を追加することが目的だ。

2B4CHは2017年に創設されたシンクタンク。ビットコインとビットコインのブロックチェーンがもたらす社会的な変革や金融面での変化を研究しており、民間や政府の組織のサポートも行なっているという。また、さらに広く、暗号資産(仮想通貨)や分散型台帳にも関心を持っている。

今回の取り組みはまだ開始したばかりで、まずは本取り組みについて「ビットコインを支持するスイス国民から10万の署名を集めることができるか」と問い、ツイートで反応を見ている段階だ。

今後の細かい取り組みはまだ決定していないようだが、中央銀行のビットコイン保有について公に議論を開始するために、まずは10万人の署名を集める予定。できれば資金調達やマーケティング、街での署名活動などをしないで取り組みを進めたいと述べている。

また、ほとんどの人が理解できないものには賛成しないと予想し、ビットコインについて国民と対話も行っていくとした。実際に法律として制定されるかについては、過度に楽観視はしていないとも説明している。

海外メディアによると、2B4CHの創設者は「たとえ署名が集まらなかったとしても、まずはスイスの国民にビットコインについて考える機会を設けることに意味がある」と述べているという。

スイスの仮想通貨業界の動向

金融立国として知られるスイスは、仮想通貨やブロックチェーンにも友好な規制方針を掲げている。

最近では9月末、同国で初めて「金融市場監督機構(FINMA)」が仮想通貨ファンドを承認したことが分かった。このファンドは、スイスの仮想通貨投資企業「Crypto Finance AG」が提供。同国の証券取引所「SIX Swiss Exchange」が提供する関連指数「Crypto Market Index 10」のパフォーマンスに連動するファンドである。

Crypto Market Index 10は、ビットコインやイーサリアム(ETH)を含む時価総額上位の銘柄からなる指数だ。

関連スイス初、FINMAが仮想通貨ファンドを承認

FINMAとは

「Financial Market Supervisory Authority」の略で、スイスの銀行や保険会社、資産運用企業などを監督する権限を持つ。投資家を保護したり、金融市場が効率的に機能するようにしたりする役割を担う。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します