酒井法子がNFT販売へ 「碧いうさぎ2021」の限定音源&写真

酒井法子がNFT販売

女優で歌手の酒井法子が、新曲「碧いうさぎ2021」の限定音源と写真を大手NFTマーケットプレイスの「OpenSea」に出品することが11日、分かった。 10月11日から11月7日までの期間、オークション形式で販売される。

NFT(Non Fungible Token)とはアートや音楽、コレクターズアイテムなど、唯一無二かつ代替不可能なデジタル資産にブロックチェーン上で所有証明書を記録し、固有の価値を持たせる非代替性のデジタルトークンのこと。

OpenSeaは世界最大手のマーケットプレイスで、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)建の取引が盛ん。米The Blockの統計データによれば、今年8月には、OpenSeaの週間出来高が初めて10億ドル(1,100億円)を超えるなど注目度が高い。

関連:OpenSea、NFT市場の週間出来高で初の1000億円超え

ドラマを記念したNFT

今回、酒井が8年ぶりに出演するフェイクドキュメントドラマ「プロデューサーK4」の完成を記念し、プロモートの一環として実施するという。同曲は、1995年に大ヒットした「碧いうさぎ」のニューバージョンで、一般流通はしていない限定品だとしている。

同ドラマの神崎茂監督は、「とても良い作品・楽曲が出来上がったので、世間的な評価を知るため、試しに出品することにした」とコメント。試験的な試みだとしている。

日本国内でも最近、NFTを出品する動きが活発になっている。

絵本作家でお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣、音楽プロデューサー小室哲哉、BABYMETAL、Perfumeなどが、自身の作品をモチーフにしたデジタルコンテンツや、デジタルトレーディングカードなどの販売でNFTを利用している。

関連:小室哲哉氏、音楽制作パフォーマンスNFTを今秋リリースへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します