CoinPostで今最も読まれています

キャシー・ウッド率いるARKインベスト、ビットコイン先物ETFを新たに申請

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン先物ETFをSECに申請

著名投資家のキャシー・ウッド氏率いるARKインベストは13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)先物に投資するETF(上場投資信託)の目論見書を、米証券取引委員会(SEC)に提出した。

ビットコインETFとは

ビットコインを投資対象に含んだ上場投資信託(Exchange Traded Fund)のこと。投資信託とは、投資家から集めたお金を1つの資金としてまとめ、株式や債券などに投資して運用される金融商品。運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みになっている。投資信託の中でもETFは証券取引所に上場しているため、株式と同様に売買ができる。

▶️仮想通貨用語集

目論見書によると、このETF「ARK 21Shares Bitcoin Futures Strategy ETF(ARKA)」は、コモディティの取引所で売買されるビットコインの先物契約に投資する計画だ。

ビットコイン先物は、ビットコインのトークンそのものとは異なっている。先物契約を保有している人は、将来において、事前決定された価格で資産(ビットコイン)を購入できるという権利を持つことになる。

SEC委員長は先物ETFに好感

ARKによると、今回のETFは、米国で規制されているビットコイン先物に投資するものだ。ARKは「ビットコインやその他のデジタル資産に直接投資することはない」として、次のように説明している。

当ファンドはアクティブ型のETFで、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)など、米国商品先物取引委員会(CFTC)に登録された商品取引所で取引される、またはその規則に従う、米ドル建ての現金決済によるビットコイン先物に投資するものだ。

SECはこれまでに、詐欺や市場操作の懸念を挙げて、ビットコインなど仮想通貨の現物を保有するETFを承認してこなかった。一方で、SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は、ビットコイン先物のETFについて比較的寛容な姿勢を示している。

このこともあり、ビットコイン先物に連動するファンドの申請を行う企業が増えていたところだ。

背景としては、シカゴ・マーカンタイル取引所などの先物取引所は、すでに十分規制され、ルールが整備されていることもある。例えば、投資家は取引を行うために現金を証拠金として預けなければいけない。

関連米SECゲンスラー委員長、ビットコイン先物運用のETFに好感

ビットコイン先物ETFの承認はいつか?

最近では、仮想通貨・ブロックチェーン関連ETFの承認事例が続いていることもあり、2021年内にも「ビットコイン先物ETF」が実現するのでは、との期待感も高まっている。一方で、世界的大手投資リサーチ企業CFRA ResearchのアナリストTodd Rosenbluth氏など、冷静な見方を崩していない専門家も存在している。

同氏は、米CNBCの番組で、2022年に米国の仮想通貨規制がより明確になる見込みであることから、仮想通貨先物ETFが承認されるのは、その後になるのではないかと意見した。

関連「ビットコイン先物ETF」判断、2022年まで先送りの可能性も 専門家が分析=米CNBC

仮想通貨に関するARKの動向

ARKインベストは今年6月、ビットコイン価格に連動するように運用される「ARK 21Shares Bitcoin ETF」の目論見書をSECに提出している。

関連米大手ヘッジファンドARK Invest、ビットコインETF申請へ

また、すでに運用されている「the ARK Next Generation Internet ETF」は現在のところ、米グレースケールの提供する、ビットコイン価格と連動する投資信託「GBTC」をポートフォリオに組み入れている。

GBTC(グレースケールビットコイン投資信託)とは

米大手仮想通貨投資企業「グレースケール」が提供する「ビットコイン投資信託」のこと。GBTCはビットコインの価格と連動した投資信託で、一般の株式と同様に売買が可能。機関投資家や米証券取引委員会(SEC)から認められた認定投資家を対象に提供されており、投資家にとってはビットコインの現物を売買・保有しなくて良いというメリットがある。現物価格に比べ約30%のプレミアムがつくこともあり、またIRA口座(個人退職口座)など老後の投資手段として活用できる点も魅力とされている。

▶️仮想通貨用語集

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧