分散型決済ネットワークTerra、米SECを訴える

SECの行動が不当と主張

Terraブロックチェーンを開発する韓国のTerraform Labsは22日、ニューヨークで米SEC(証券取引委員会)に対して、訴訟を起こした。

訴状によると、Terraform Labsは9月21日にニューヨークで開催された大型カンファレンス「Mainnet 2021」で、SECの職員が参加者に法廷への召喚状を渡したことが、米憲法修正第14条の「デュー・プロセス」に反したと主張している。

経緯米SEC、仮想通貨イベント会場で参加企業に警告か

当時どの関係者が召喚状を渡されたかは不明だったが、それがTerraform LabsのDo Kwon CEOであることが今回の書類で明らかになった。召喚状はTerra傘下プロジェクトMirror Protocolを対象としたものだ。また、訴状で、「SECの弁護士は9月15日に、当局の執行部門がMirror Protocolにリーガルアクションを取る可能性があり、協力すれば金融制裁が緩和されるメリットがあることをTerraform Labsに伝えた」という内容も記述されている。

Mirror Protocolは株トークンといった合成資産を生成するプロジェクトで、米国で有価証券の違反を懸念されているようだ。

なお、Kwon氏は5月にもSECから、当局に証言を提供するというメールを受けたと説明した。

同社が開発したステーブルコインプロジェクト「Terra.money」はドルやウォンなどの法定通貨の価値にペッグするステーブルコイン(UST等)を発行している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します