取引所AscendEX、マイクロトランザクションに対応するKinプロトコルを上場

AscendEX、Kin Protocolを上場へ

暗号資産(仮想通貨)取引所のAscendEXは、取引ペアKIN/USDTを新たに上場させると発表した。KINは大量のマイクロトランザクションに対応するよう開発されたプロトコルとなっている。

Kinプロトコルはアプリ開発者と一般的な消費者からなる数百万のマイクロトランザクションを処理するようなシステムをサポートする。

KinはSDK(ソフトウェア開発キット)を提供するため、プラットフォームをKinSDKとシームレスに統合することが可能だ。

また、開発されたアプリにおけるユーザーのKINの使用に伴い、開発者に報酬がもたらされる仕組みを導入している。これによって、開発者への報酬というWeb3の課題を解決している。

現在、トークンのKINはソラナブロックチェーンに移行しており、チャットやソーシャルメディアのような一般的なサービスのトークンとして利用されている。

現在、20以上のサービスにKinが組み込まれているほか、毎月200万人以上がKINを獲得、利用しているという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します