バイナンスNFT、業界初のIGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)開始を発表

バイナンスNFTのIGO

暗号資産(仮想通貨)バイナンスは25日に、IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)という新たなNFTのデジタル資産セールを発表した。

IGOを取り扱うのは、バイナンスのNFTマーケットプレイス「バイナンスNFT(Binance NFT Marketplace)」のみで、トップ層のブロックチェーンゲームがゲーム内のNFTデジタル資産を販売する企画だ。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

バイナンスNFTはIGOの目的について、「ゲーム系NFTは、NFT全体出来高の約5割を占めているまでに成長した。その一方、多くのブロックチェーンゲームは、開発・コミュニティのハブを探すのに苦労している実情もある。」「IGOの実施は、クオリティの高いブロックチェーンゲームとNFTデジタル資産を、世界のコミュニティにつなげていく」と説明。

また、IGOの特徴について、「ゲームの公式ローンチ前に、NFTへの早期アクセスやゲームのVIPプレビュー、プレミアムレベルのNFTを安価に入手することなどの恩恵を受けられる」とした。早期投資家に対する、さまざまなメリットを用意する。

販売方法については、バイナンスNFTのこれまでのNFTコレクションと同様、オークション形式や固定価格、ミステリーボックスという仕組みで行われるという。

IGO第一弾としてローンチするのは、『DeRace』というブロックチェーン基盤の競馬ゲームのIGOで、26日に予定されている。IGOでは、10種類のNFT(一般馬とバイナンス 版馬)のチケットが販売に出される。チケットを獲得したユーザーは、ゲームのローンチ前に、実際のDeRaceのNFT(馬のデジタル資産)を入手することができるという。

バイナンスがBinance NFT Marketplaceをローンチしたのは今年の5月。アンディ・ウォーホル氏など、著名アーティストによるNFTを販売していた。

関連バイナンス、730億円規模のBNBバーンを実施

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します