米名門ウォートン校、BTCやETHでブロックチェーン授業料支払い可能に

3銘柄受付

米アイビー・リーグ(私立大学連合)に所属するペンシルベニア大学のウォートン校は28日、ブロックチェーン授業料支払いで暗号資産(仮想通貨)を受け付けることを発表した。

利用できる仮想通貨は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、およびステーブルコインUSDCだ。仮想通貨決済において、ウォートン校は「コインベースコマース」のサービスを利用するという。

ウォートン校はペンシルベニア大学のビジネススクールで、テスラのイーロン・マスクCEOやグーグルのサンダー・ピチャイCEO、第45代アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプ氏など多くの著名人を輩出している名門校だ。

同校が提供するブロックチェーン関連プログラム「Economics of Blockchain and Digital Assets」は、フィンテックのバックグラウンドを持つ専門家に、スマートコントラクトやDAOなどブロックチェーンのユースケースを広くカバーする課程。現在受講登録が可能で、1月3日にクラスが正式に開講される予定だ。

ニューヨークのKing’s CollegeやフランスのFinancia Business School、ドイツのESMTなど、現在、ビットコイン支払いに対応する大学は増えつつある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します