a16zやFTX、メタバース「Mythical」の170億円調達を主導

大型調達、VCがメタバースに高い関心

メタバースゲームプラットフォームMythical Gamesは4日シリーズCのラウンドで、1,400億円の評価額に基づいて170億円を調達したことを発表した。

ラウンドを主導したのは、著名VCのa16zで、他にバイナンスやFTX、RedBird Capital、NFLの投資部門、ザ・チェインスモーカーズなども参加したという。

Mythical Gamesは開発者向けにNFT/メタバース(仮想現実)ゲームの作成ツールを提供するプラットフォームで、数日前に開発者パートナーを初めて発表したばかりだ。

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

同社は「Blankos Block Party」という独自のplay-to-earnゲーム(GameFi)を開発しており、早期アクセスができる。Blankosについてはマーケットプレイスもβ版リリースしており、Visaカードの決済で売買が可能だ。

出典:Mythical

新たに調達した資金は、開発者チームの拡大や新しいブロックチェーンゲームへの出資、マーケットプレイスのライセンス申請などの費用に充てられるという。

今回出資を主導したa16zはここにきて積極的にメタバース分野に投資している。2日には、米Sfermion社が運用する新規のメタバースファンドに出資したことが報じられていた。

また、取引所FTXはPanteraやJump Capitalなど他の企業と共同で、Mythical Gamesの調達発表と同じ日に、FarawayというNFTゲームスタジオに約24億円を出資した。Farawayが開発するMini Royaleというゲームは初めて「FTXPay」という決済システムを導入する、ソラナ(SOL)基盤のゲームになる予定だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します