ユニスワップ、新ブランディングデザイン案を公開

ユニスワップの新ブランディング案

大手暗号資産(仮想通貨)分散型取引所ユニスワップ(UNI)は8日、新たなブランディングデザイン案を発表した。エコシステムが拡大する中、UniswapプロトコルとUniswap Labsの差別化を図る。

新たなロゴ・デザインは既存のロゴを考案したグラフィックデザイナーのTimothy Luke氏が作成。今週10日にはUniswap Labsのデザインチームが新たなブランディングに関するプレゼンテーションを実施する予定だ。

今回明らかになったのはUniswapプロトコルとUniswap Labsの新規ロゴ。また、Uniswap Grants Programのロゴも公開された。

出典:Uniswap.org

今後の流れとしては、数週間にわたりコミュニティコールを実施し、ガバナンスフォーラムなどを通じてコミュニティからの意見を募集する。

ブランディングに関する意見で合意に至れば、プロトコルのロゴはNFT化され、ユニスワップのガバナンストレジャリーに送付、コミュニティメンバーが自由にロゴを利用することが可能となる。

ユニスワップ(プロトコル)はスマートコントラクトを利用した分散型取引所(DEX)。ユニスワップ・ラボはプロトコル上でプロダクトを開発するソフトウェア開発スタジオを指す。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します