【速報】ビットコイン、「Taproot」アップグレードを発動

4年以上ぶりの大型アップグレード

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)は日本時間14日(日)14:15ごろ、大型アップグレード「Taproot」が実装成功となったことがわかった。

関連シュノア署名、Taprootが描くビットコインの未来

Taprootはブロック番号#709,632で発動され、大手マイニングプールF2Poolがそのブロックを生成したという。

今回のアップグレードは、2017年8月の「SegWit」導入以来、実に4年以上ぶりのビットコイン・ネットワークにおけるソフトフォークになった。新たな変化に関しては、シュノア署名やMAST(マークル化抽象構文木)の導入でスマートコントラクト機能の強化、プライバシー機能および処理速度の向上などが盛り込まれている。

また、バイナンスなど多くの取引所もTaprootへの対応を発表していた。

関連バイナンス、ビットコインのTaprootアップグレードに支持表明

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します