米IRS、年間約4千億円の仮想通貨を押収

IRSの2021年捜査レポート

米内国歳入庁(IRS)の犯罪捜査部門は18日、2021年の年間捜査レポートを発表。過去一年で35億ドル(4,000億円)相当の暗号資産(仮想通貨)を押収したが、これは、IRSが一年間で差し押さえた資産の93%を占めていた。

IRS(米内国歳入庁)とは

アメリカ合衆国の政府機関の一つ。米財務省に所属する組織で、主に連邦税に関する法的執行や徴収を行っている。日本では国税庁に相当する。

▶️仮想通貨用語集

IRSは2015年に、サイバー犯罪専門の部署「サイバー犯罪ユニット(CCU)」を設置。複雑なサイバー金融犯罪スキームを解明するためのトレーニングを行い、仮想通貨、ブロックチェーンなどの技術への対処を重視している。

CCUは、インターネットやインターネットを土台とする技術が用いられる違法行為の取り締まりを担当。レポートによると「こうした犯罪には、ほとんどの場合仮想通貨が使用されている」と指摘。

IRSのJim Lee犯罪捜査部長は、「2022年にかけても、仮想通貨の押収が多い傾向が続くと予想している」とコメントした。

サイバー犯罪の捜査能力を強化中

犯罪捜査部門は、インターネットやデジタル金融分野の捜査能力を強化するため、2022年、バージニア州北部に「Advanced Collaboration Data Center(高度コラボレーション・データセンター)」を開設する計画だ。

このセンターの目的は、政府機関の有するデータや関連技術、専門家を集結させて、税制度や金融システムの健全性を守るための強力なハイテク・ソリューションを探っていくことである。

ジョー・バイデン政権が承認したインフラ法の仮想通貨条項も、IRSの仮想通貨取引監視能力を高めるものである。この条項は、当局が仮想通貨取引をより詳細に把握できるようにするため、仮想通貨ブローカーに、取引の追跡と、IRSへの税務報告を義務付けるものだ。

ただ、この条項に関しては問題も浮上している。「ブローカー」の定義が曖昧なことで、そもそも顧客情報を持たない事業者まで、税務報告の対象とされるのではないかと懸念されている格好だ。米議会の上院下院の両方から、この件について反対し、修正を求める法案が提出されている。

関連下院でも修正案提出、米インフラ法の仮想通貨条項めぐり

IRSは、議会で審議中の他の政策パッケージからも予算面で恩恵を受ける可能性がある。Lee犯罪捜査部長は、捜査官を250〜300人増員し、サイバー犯罪の追跡システムを増強するためには追加の資金が不可欠だと述べた。

過去一年間の重要な事件

今回のレポートでは、年間の重要な事件もいくつか報告されている。

その一つは、4月に、ロシア系スウェーデン人のRoman Sterlingov容疑者が、「最古のビットコイン(BTC)・マネーロンダリングサービスを運営していた」として逮捕されたものがある。

容疑者は、2011年から「Bitcoin Fog」と呼ばれるミキシングサービスを運営。逮捕時までに、このサイトを通じて120万BTC以上、取引された時点の法定通貨相当額では約325億円が送金されていた。その多くは違法行為に結びつくものだった。

関連最古のビットコインミキシングサービス「Bitcoin Fog」、米で運営者を逮捕

その他、マイクロソフト社の元開発者が、同社から横領した1,000万ドル(約11億円)を仮想通貨を使って隠し逮捕された事件や、ダークネット「Silk Road」関係で10億ドル(約1,140億円)を押収した事例などにも触れた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します