Blockchain.com、NFTプラットフォームβ版リリースへ

NFTプラットフォーム公開予定

暗号資産(仮想通貨)サービスを提供するBlockchain.comは3日、独自のNFTマーケットプレイスをリリースする方針を発表した。β(ベータ)版のウェイティングリスト(予約リスト)の募集を開始した。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

Blockchain.comは仮想通貨黎明期から存在するサービス。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)など多数銘柄の売買に加え、仮想通貨ウォレットやオンチェーン・データの提供も行っている。

NFT(非代替性トークン)プラットフォームの提供を開始することで、「仮想通貨売買と同じようにNFT市場へのアクセスを容易にしたい」との姿勢を示した。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

今後数週間以内で実装を予定している新プラットフォームでは、NFT売買の他、Blockchain.comウォレットを利用してNFTの保管も可能になる見込み。

出典:Blockchain.com

現段階では、人気NFTシリーズのBored Ape Yacht Club(BAYC)やDoodles、Lazy LionsやCool Cats NFTなどへの対応が明らかになっている。

関連:adidas Originalsがメタバースに本腰、Bored Apeとコラボ

国内エンターテインメント大手のエイベックス社の松浦勝人CEOもSNSのプロフィール写真をBAYC作品に変更していることが確認されていた。

関連:エイベックス松浦CEO、Twitterアイコンに高額NFT「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」掲載

注目集めるNFT市場

2021年は3月と8月の2度に渡り、NFTブームが到来。大手仮想通貨取引所のバイナンスやFTX、コインベースなども独自のNFTマーケットプレイスに関する動向を見せている。

8月に過去最高の月間取引量を記録したNFT市場だが、その後は3ヶ月連続で取引高は減少傾向に。また、NFT取引の90%以上は依然としてOpenSeaが占めている状況が続く。

関連:ビットコイン難易度4ヶ月ぶりマイナス調整、NFT出来高は3ヶ月連続減少

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します