CoinPostで今最も読まれています

人気タイトル「元素騎士オンライン」、メタバース×GameFiとして再登場 

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

元素騎士オンラインがGameFiに

2021年のトレンドとして大きな注目を集めているのが、「Axie infinity」などNFT(非代替性トークン)を使ったブロックチェーンゲームです。

GameFi(Game Finance)やP2E(Play-to-Earn)などと呼ばれ、ゲームをプレイすることでゲーム内で使えるトークンやアイテムなどのデジタル資産(NFT)を獲得し、それを市場で売買することで資金を稼ぐことができる点を特徴としています。

近年では、ベトナムやフィリピンなどの新興国の人々の間で流行し、生活を支えるインフラの一つとしても機能しています。

今回、累計ダウンロード数800万を超え、2012年に台湾で「Game of the year金賞」を受賞した「元素騎士オンライン」の新作GameFi「元素騎士オンライン~META WORLD~」が開発されました。これは日本のゲーム開発企業ウインライト社が2008年に発売した「エレメンタルナイツオンライン」の中国版で、MMORPGの一種です。

同プロジェクトは、日本及び中国市場で数々のブロックチェーンプロジェクトを推進してきたMaxi Kuan CEOをはじめ、ゲームのアドバイザ―として、「ディズニーツムツム」などのタイトルを創出してきたLINE株式会社の前身「NHNJapan株式会社」の元代表取締役 加藤雅樹氏など、経験・実績共に豊富なメンバーで構成されたチームが推進しています。

UGC to Earnの仕組み

まず、「元素騎士オンライン~META WORLD~」のユニークな特徴やエコシステム(経済圏)などを解説していきます。

ゲームコンセプトの一つに、「UGC(User Generated Contents)to Earn」と呼ばれる仕組みがあります。ユーザー(クリエイター)が自分でコンテンツを制作し、ゲーム内でお金を稼ぐことができることを意味します。

UGCは、ゲーム内で使われる独自トークンの「MVトークン」を一定量以上ステーキングしているユーザーに付与され、権利を有したユーザーは、町やダンジョン、「オシャレ装備」などを自分で作って販売することができます。

土地(LAND)のカスタマイズ権を保有しているユーザーであれば、マップのオブジェクトデザインを変更したり、登場するモンスターに自身の保有するNFTをレアドロップアイテムとして設定したりできるほか、マップ入場料の設定、NFTショップの開設、ダンジョンの運営などで権利収益を得たり、LANDの価値を高めた後で売却することも可能です。

オシャレ装備とは

一方、「オシャレ装備」の制作権を保有するユーザーは、制作したNFTアイテムがゲーム内に登録したり、自分自身のブランドを構築して販売することも可能です。将来的には企業ブランドやアニメなど、様々なジャンルのメーカーが参入予定です。

オシャレ装備は、キャラクターの見た目を変化させるだけではなく、戦闘力を強化したり、専用スキルを使用可能にしたりできる機能を備えたNFTです。オシャレ装備は他のプレイヤーにレンタルすることで、レンタル料として独自トークンを得ることができます。

4種類のNFT

「元素騎士オンライン~META WORLD~」には主に4種類のNFTが存在します。

1.オシャレ装備

運営が開催するNFTオークションで販売され、独自トークンの「MV」を一定量ステーキングしているユーザーのみ作成権が得られます。

2.ベース装備

キャラクターの能力を強化する装備類です。全てのベース装備には供給数に上限が定められており、レアアイテムも存在します。

3.ゲームアイテム

体力を回復するアイテムや一定時間ステータスを強化するアイテムなど、さまざまなアイテムが登場します。同じく供給上限が設けられており、NFTマーケットプレイスで売買可能です。

4.土地(ランド)

ランドは、土地の区画NFTであり、購入することで自分だけのマップを作成可能です。ランド所有者は、オリジナルマップやモンスター、ダンジョンを作成できるだけでなく、モンスターのドロップアイテムや、モンスターの強さまで設計可能です。

また、自分の保有するマップに入場するプレイヤーから入場料を徴収して、継続的な収益を得ることができる仕組みになっています。第1回ランドセールは、サービス開始後の2022年10月を予定しており、オークション形式で行われる予定です。

2種類のトークンについて

「元素騎士オンライン~META WORLD~」のゲーム内トークンであるMetaverse(MV)トークンとRONDトークンの役割について解説します。

1. Metaverse(MV)とは

仮想空間を意味するMetaverse(メタバース)の略であるMVトークンは、一種のガバナンストークン。ゲームの方針を決めることのできる投票権として機能するほか、各種権利やゲーム内トレードの手数料としても使用可能な設計です。

Polygonチェーン上で発行され、総発行枚数20億枚と定められています。

MVは、ゲームローンチ後のアップデートにより、ビットコインにおけるマイニング(採掘)に相当する「ステーキング」により、保有しているだけで報酬(リワード)を得ることが可能になる予定。預けた量に応じて、もう1つのトークンである「ROND」も入手できます。

MVはRONDの価格変動に影響を受けないように設計されており、ゲーム内のバランス調整でROND価値が下落したとしても問題ありません。

MVトークンは、以下のDEX(分散型取引所)に上場予定です。

  • Uniswap
  • Polkastarter
  • Sushiswap
  • Curve Finance
  • TrustPad
  • ChainBoost

2. RONDとは

RONDは、ゲーム内経済圏を循環させるための仮想通貨であり、MVとは異なる役割を担っています。

ゲーム内のクエスト受注・達成のほか、ダンジョンの強敵を倒してドロップするアイテムと引き換えに手に入れることが可能です。RONDは、取り扱いのある仮想通貨取引所の価値と連動して、ゲーム内でもRONDの価値は変化します。ゲームをプレイするだけで生計が成り立つほどの収入が得られるバランスに調整することを目指しています。

RONDは、2022年9月に分散型取引所のUniswap、Sushiswap、QuickSwapに上場予定です。

対応ブロックチェーン

元素騎士オンラインは、トークン、NFT共にイーサリアム(ETH)のレイヤー2ソリューションであるポリゴン上で発行されるため、安価なGas代(ネットワーク手数料)でゲームをプレイ可能。今後は、NFT発行のプラットフォームとしてバイナンススマートチェーン(BSC)などへの対応も検討しています。

対応言語:日本語、英語、中国語

動作環境:PC版、Android版、iOS版

MVトークン:Polygon/MATIC

RONDトークン:Polygon/MATIC

NFT:Polygon/MATIC、ETH(将来的に複数のチェーンに対応)

ウォレット:MetaMask

NFTマーケット:OpenSea

各種キャンペーン

現在開催中のキャンペーンを紹介します。

先行者キャンペーン

「元素騎士Online」では、2021年12月27日までに各種コミュニティに参加した人全員を対象に「限定装備NFT」を配布するキャンペーンを実施しています。

応募条件や景品内容の詳細はこちらから確認できます。

コミュニティ

Twitterコミュニティ:https://twitter.com/genso_meta

Discordコミュニティ:https://discord.gg/gensometa

Telegramコミュニティ(日本語):https://t.me/gensometajpn

プライベートセール参加権Whitelistキャンペーン

12月19日23:59台北時間までにタスクをクリアするとエントリーポイントが貯まり、ポイント数によって当選確率が高まるキャンペーンも行っています。

当選者100名は上限100ドルでプライベートセールと同じ価格でトークンを購入できる権利を取得できます。

  • 公式Twitterアカウントのフォロー +1pt
  • 公式Twitterアカウントがピン止めしている投稿をRT +1pt
  • 公式Telegramチャンネルに参加 +1pt
  • 公式Discordサーバに参加 +1pt

キャンペーンは、2021年12月7日13:00~2021年12月19日23:59の期間で開催されます。

今後のロードマップ

「元素騎士オンライン~META WORLD~」のプロジェクトは、以下のように広範なロードマップを公表しています。

MVトークンは、12月23日にイーサリアム基盤の最大手分散型取引所UniswapでIDO(Initial DEX Offering)により上場予定のほか、年内に3つのDEXにリスト予定です。ゲームのサービスローンチは、2022年8月を予定しています。

関連情報

公式ホームページ:https://genso.game/

Twitter:https://twitter.com/genso_meta

Discord:https://t.co/06k0veTV1C

Telegram(日本語):https://t.me/gensometajpn

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05:50
Starknet(STRK)がコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア