NFT関連企業Dapper Labs、15億円調達へ

Dapper Labsの新たな資金調達

カナダのブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)関連企業Dapper Labsは新たな資金調達で、15億円調達していることがわかった。

調達の状況はSECに提出された書類でわかった。現在1人の投資家から約7.4億円調達したという。

今回の資金調達は、11月22日より始まったもので、Dapper Labsのエクイティ(未公開株の私募)販売によって調達が実施されている。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

同社は9月にも、8,600億円の評価額として280億円の調達に成功。また、2018年創設以来、計690億円を集めた。

Dapper Labsはエンターテインメントに特化したブロックチェーンFlowを独自に開発した企業で、「NBA Top Shot」や「CryptoKitties」という人気NFTシリーズも発行。9月には、グーグルクラウドがDapper Labsと提携し、グーグルクラウドがFlowのネットワークオペレーターとなり、スケーリングのインフラをFlowに提供することを発表した。

関連米グーグル、NFT関連企業Dapper Labsと提携=報道

また、先日米国のアメフトプロリーグNFLと提携し、ビデオNFTの発行を準備していることが判明した。

関連ナスダック上場企業DraftKings、米NFLのNFTをローンチへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します