米グーグル、NFT関連企業Dapper Labsと提携=報道

グーグルとDapper Labsが提携

米IT大手グーグル社はカナダのブロックチェーン・仮想通貨関連企業Dapper Labsと提携し、NFT(非代替性トークン)などのWeb3分野を推進することがわかった。フォーブス誌が14日に報じた。

Web 3.0とは

ウェブ3.0(Web3.0)は、Web1.0およびWeb2.0に続く、ウェブサイトおよびインターネットの潮流、特徴および構造を表している概念。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

提携は数年間にわたるもので、その一環としてグーグルクラウドがDapper Labs独自のブロックチェーンFlowのネットワークオペレーターとなり、スケーリングのインフラをFlowに提供するという。

Dapper Labsはエンターテインメントに特化したブロックチェーンFlowを独自に開発した企業で、「NBA Top Shot」や「CryptoKitties」という人気NFTシリーズを発行している。同社CEOは14日に、グーグルとの提携が確かであるとツイートで明らかにした。

また、フォーブスの取材に答えたグーグルクラウド北米のJanet Kennedy VPは「今回の提携は、Dapper Labsの急速かつ持続可能な成長をサポートすることだ」、「ブロックチェーン技術は主流になりつつある。Dapperのような企業はよりスケーラブルかつ安全なインフラを確保する必要がある」とコメントした。

関連「バスケの神様」マイケル・ジョーダン氏もNFT関連企業へ出資──Dapper Labs、300億円超を資金調達

グーグルクラウドはこれまでも積極的にさまざまなブロックチェーンに対応してきた。レイヤー2ソリューションPolygon(MATIC)や、オントロジー(ONT)、チェーンリンク(LINK)などへの対応事例がある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します