仮想通貨取引所フォビジャパン、IEO事業参入へ

フォビジャパンもIEO事業参入へ

仮想通貨取引所フォビジャパンを運営するフォビジャパン株式会社は13日、IEOによる資金調達事業の準備を開始したことを発表した。

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)とは、トークン発行によるコミュニティの形成・強化や資金調達を暗号資産(仮想通貨)取引所が支援するもの。従来のICO(イニシャル・コイン・オファリング)は、企業やプロジェクト等の発行体がユーティリティ・トークンを発行することで資金調達を行うが、IEOでは仮想通貨取引所が主体となり発行体のトークンの販売を行う。

なお、IEO事業開始の時期については現時点で明かされていない。

関連:IEOとは|ICOとの違いやメリットを解説

3つの特徴

同社は、IEO事業の推進にあたっては、フォビグループの協力を得ながら仮想通貨関連の法令及び日本暗号資産交換業協会(JVCEA)の規則などに則って発行体や対象事業の審査を行い、利用者への販売、同取引所への上場を行うと説明。

また、同社のIEO事業には以下の3つの特徴があるとした。

  • 強固なセキュリティ──これまでにハッキングによる仮想通貨流出は一度もない
  • 豊富な流動性──取引所取扱高は世界トップクラス
  • 広範な海外ネットワーク──日本を始め、韓国などに展開

国内取引所ではコインチェックが初めて7月にIEO事業を開始。7月1日より購入申込みを開始したパレットトークン(PLT)は、開始6分で申込金額の総額が調達目標金額の「9億3,150万円」を突破。その後、同月中にコインチェックの取引所(板取引)で取り扱いを開始した。

関連:国内初のコインチェックIEO、パレットトークン(PLT)の特徴

11月にはブロックチェーンを活用した次世代クラウドファンディングを提供するフィナンシェと資金調達に向けた契約を締結。IEOによる資金調達実現に向けた取り組みを行うほか、2022年夏までに「フィナンシェトークン」を「Coincheck IEO」にて販売するという。

関連:コインチェック、フィナンシェと提携で第二弾「IEO」の実現目指す

また、9月には国内取引所bitbankが東証1部上場企業である株式会社ミクシィとの資本業務提携を発表し、IEOを含めた新規事業への投資をしていく方針を明かしている。

関連:ビットバンク、東証1部上場企業「ミクシィ」と資本業務提携を発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します