BlockのCash App、ビットコインギフト機能をローンチ

ビットコインのギフト送信機能

米決済企業Block(旧スクエア)が運営するモバイル決済アプリCash Appは15日、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のギフト送信機能を新たにローンチしたことを発表した。

この新機能では、ユーザーが1ドル(約113円)からビットコインや株式を手軽に相手にギフトとして贈与できるもので、ユーザーがビットコインを持っていなくても、送る際にCash App側が現金をビットコインに換金し送るという。

Cash App以外でも、米最大手仮想通貨取引所コインベースもビットコインをギフトとして送る機能を提供しており、投資アプリロビンフッドは昨日、類似した機能をテストしていることが報じられた。

関連米ロビンフッド、仮想通貨ギフト機能をテストか

ドーシー氏が運営するスクエア社は1日に、「Block Inc.(ブロック)」に改名することを発表。その際、「Blockという名前はドーシーCEOの仮想通貨とブロックチェーンへの関心も反映している」と説明し、同社が今後Web3.0分野を重視していく方向性を示唆した。

関連ドーシー氏が率いるスクエア社、「ブロック」に改名

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します