ウィキペディア創業者のNFT、8,500万円で落札

WikipediaのNFT

ウィキペディアの共同設立者であるジミー・ウェールズ氏のNFT(非代替性トークン)は16日、オークション大手クリスティーズで約8,500万円で落札された。

ジミー・ウェールズ(Jimmy Wales)氏はウェブ版の大手百科事典サイトWikipediaの共同設立者。2001年にサイトを開始すると、誰でも編集ができることが注目を集め、世界最大の情報ポータルに成長。現在も非営利団体としてユーザーの寄付に頼ることでサービス提供を続けている。

落札したNFTはウェールズ氏がサイトを公開した初期の状態を保存し、NFTアート化したもの。初期のWebページを保存した為、保有者が自在にサイトを編集できる仕様となっている。(5分毎にリセット)

出典:クリスティーズ

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

ウェールズ氏はNFTについて、以下のようにコメントした。

瞬間的なNFTを作るだけでなく、(サイトを設立した)瞬間の感情的な体験を再現するNFTを作ることを目指した。

また、NFTと共に、ウェールズ氏がサイト設立当初に使用したストロベリー色のiMacもオークションされ、こちらも2,100万円(18.7万ドル)で落札。2点合わせて総額で1億円(約94万ドル)以上で落札した形だ。

オークションでは、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)で支払う手段も提供されていた。

ウェールズ氏によれば、競売資金は自ら手がける新たなソーシャルメディアネットワーク「WT.Social」の支援に活用される見込み。広告無しで寄付のみで機能する健全なSNSプラットフォームの構築を目指すという。また、WT.Social以外にも、多数の慈善団体の寄付に利用される。

クリスティーズは世界的なオークションハウス。21年2月に初めてデジタルアーティストBeepleのNFT作品の競売を開始し最終的に約75億円(6,940万ドル)で落札されたといった事例がある。

関連: 最終落札価格75億円、Beeple氏のNFTオークション──「ファースト5,000日」

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します