BCHマイナーに送金手数料なしを提案|少額決済の需要を高めるか

手数料ゼロへ
nChainとCoinGeekは、ビットコインキャッシュのマイナーたちに、「ダスト」の制限を排除することを求め、自身のマインングファームでは一部、手数料を取らないトランザクションも受け入れていく意思を発表しました。ビットコインキャッシュの普及と、健全な手数料の競争市場を生み出すことが狙いです。
ダストとは
通常、546satoshi以下のトランザクションは承認されなくなっており、このような極めて額の小さいものを「ダスト」(ちり)と言います。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

手数料ゼロへの試み

ビットコインキャッシュのマイナーたちに、「ダスト」の制限を取り除く、つまり546satoshi以下のトランザクションも承認することや、ブロック毎にある一定の数のトランザクションを手数料を取らずに処理することを説得する新しい取り組みが行われており、何人かの著名人からは支援を受けているようです。

今週の火曜日の発表によると、nChainグループと仮想通貨メディア・ブロックチェーン企業CoinGeekは「マイナーズチョイス」とされる取り組み内で、マイナーたちに、現在のビットコインキャッシュの「ダスト」の制限を排除し、マイナーがマイニングし、ブロックに入れる最小のトランザクションサイズを明確にすることを求めています。

現時点では、ビットコインキャッシュでは546satoshi(0.00000546 BCH)、現在の米ドルとのレートで言うと1セントの6/10ほどの価格以下は「ダスト」と見なされます。

CoinGeekやnChainのマイニングファームでは、最小で1satoshi($0.000011377)のトランザクションまで受け入れることを予定しています。

さらに2社は、ユーザーに1byte当たり1satoshiの手数料を取るのではなく数は不明ですが、一部、手数料を取らないトランザクションも承認することも予定しています。

確かに、トランザクションに手数料を求めることで、スパムによりブロックチェーンが詰まることを防いでおり、ユーザーはより効率的に手数料を支払っています。

しかし、CoinGeekやnChainは、手数料を求めないことで、極めて額の小さいトランザクションを行いたいユーザーにとっては、ビットコインキャッシュが便利になり、マイナー間での健全な手数料の競争市場を生み出すことができると述べています。

「ビットコインキャッシュのトランザクションを行うための手数料を、ユーザーが望むトランザクションのスピードに応じてどれくらい払うかをユーザーたちにより幅を持たせることができます。

もし、即座にトランザクションを行って欲しい場合は、マイナーが提示する少額の手数料の範囲内から選ぶことができます。しかし、もし30〜40分待つことができるのなら、ユーザーは手数料0を指定することができます。」

これによりマイナー間での健全な手数料の競争市場を促すことができ、手数料を低く抑えることができ、ビットコインキャッシュの成長に繋がります。」

と、同社は加えました。

CoinGeekの創設者、Calvin Ayre氏はCoinGeekは経済に自由をもたらし、世界に利便性をもたらす役割の一部を担うと述べています。

また、nChainのチーフ・サイエンティストのCraig Wright氏はツイッターで次のように述べています。

マイナー達は、(ビットコインキャッシュを)早く普及させるために、「ダスト」の制限をやめ、手数料を取らないトランザクションを考え始めるべきだ。

1satoshiのトークンなのだから。

長期的な計画になるでしょう。

Wright氏はさらに、「ダスト」の制限をやめることでビットコインキャッシュのためのカラードコインの開発を促進することができると主張しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加