CoinPostで今最も読まれています

2021年の仮想通貨市場データまとめ、今年の大型イベントも掲載

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2021年総括

2021年の暗号資産(仮想通貨)市場:ビットコイン(BTC)価格は年間騰落率+60%を記録。

出典:Tradingview

一方、時価総額2位のイーサリアム(ETH)は年間騰落率+398%とビットコインを上回った。

出典:Tradingview

時価総額TOP20の変遷

仮想通貨市場は年末年始にかけて材料不足などで下落を観測。上位銘柄の週間騰落率は大型発表が相次いだアルゴランド(ALGO)以外は軒並み下落していた。

出典:CoinMarketCap

20年末時点と比べると、XRP(リップル)が3位から8位に後退。バイナンスコイン(BNB)が3位へと浮上。

また、前年は50位圏外だったソラナ(SOL)やアバランチ(AVAX)、テラ(LUNA)などが上位銘柄へと頭角を表した。

過去5年間の上位銘柄の推移はこちらから: 仮想通貨の時価総額TOP20、2017〜2021年騰落率は

仮想通貨デリバティブ市場

また、主要銘柄のデリバティブ市場の動向は以下の通り。

先物市場

ビットコインの先物市場におけるOI(未決済建玉)は2021年で倍増。年初時点の95億ドル(1.1兆円)から184億ドル(2.1兆円)まで増加した。

出典:The Block

OIとは

未決済建玉(Open Interest)の略称。先物契約などの未決済のポジションを指す。OIの増加は、より多くの資金が市場に流入し、投資家が近いうちに価格が動くと予想していることを示している。

▶️仮想通貨用語集

イーサリアムの先物市場OIは2021年で21億ドル(2,400億円)から103億ドル(1.2兆円)まで拡大した。

オプション市場

ビットコインのオプション市場におけるOIも年初時点の66億ドル(7,700億円)から120億ドル(1.4兆円)と約2倍に拡大した。

一方、イーサリアムのオプション市場OIは8.8億ドル(1,000億円)から77億ドル(8,900億円)と9倍近く増加している。

ビットコイン

ビットコイン関連の重要データ動向は以下の通り。

BTCドミナンス

2021年初頭には70%でスタートした仮想通貨市場におけるビットコインのドミナンス(市場占有率)は5月中旬には一時40%目前まで低下。その後は50%と40%のレンジを行き来し、3日には再び40%を下回った。

出典:CoinMarketCap

ドミナンスとは

別名、市場占有率。市場全体の時価総額に対して特定の銘柄が占める割合を示す。

▶️仮想通貨用語集

ハッシュレート

ビットコインの採掘速度は5月以降、急落。中国政府の仮想通貨禁止令が大きな打撃となったが、夏場以降は回復傾向を見せた。

出典:BitInfoCharts

また、これまではビットコイン・マイニングの一大拠点だった中国での仮想通貨採掘が禁止されたことで、中国マイナーは米国やカザフスタンへの移動を余儀なくされた。結果的には、7月以降は米国が採掘シェアで1位に登り出た。

ビットコイン、採掘シェアは米国1位に=英ケンブリッジ大学の最新データ

ハッシュレートとは

仮想通貨のマイニングにおける採掘速度のこと。単位は「hash/s」で、1秒間に行う演算回数(計算能力)を示す。ハッシュレートの高さは51%攻撃などを防ぐため、計算能力の向上はネットワークの堅牢性につながる。

▶️仮想通貨用語集

その後、年初にはハッシュレートの過去最高値を更新。一時203EH/sまで上昇した。

関連: ビットコイン採掘速度最高値も売り圧力目立つ、スクエニがNFTゲームや独自トークンに言及

採掘難易度

ビットコイン・ネットワークの難易度(ディフィカルティ)も5月以降減少。しかしその後は徐々に右肩上がりの動きを見せ、9度連続のプラス調整を記録した。

出典:BitInfoCharts

ディフィカルティとは

ビットコインのマイニングにおけるブロック生成の「採掘難易度」のこと。ブロック生成時間が10分程度に収まるよう、約2週間に一度((2016ブロック毎)難易度調整が行われる。

▶️仮想通貨用語集

なお、ワイジェイFX株式会社の研究では、ビットコインの採掘難易度の上昇がBTC価格の上昇につながるという結果も出ている。

関連:マイニングにおけるDifficulty(採掘難易度)とは|ハッシュレートとの相関性について解説

イーサリアム

イーサリアム関連の重要データ動向は以下の通り。

ETH2.0ステーキング量

イーサリアムのステーキング量は876万ETHまで増加。前週比では+4万ETH、年初来では+650万ETH増加した。

出典:CryptoQuant

バーン量

イーサリアム・ネットワークは8月上旬に大型アップグレード「ロンドン」を完了。これを機に実装したEIP-1559の下、バーン・メカニズムが導入された。

21年12月末時点では、イーサリアムのバーン量は130万ETHに達した。(参照:Watchtheburn

バーン(焼却)とは

株式の「自社株買い」に近い形で仮想通貨の供給量を減らす仕組み。自社株買いをする企業は、発行している株式を自分たちのお金で買い戻す。買い戻されると市場に流通する株数が減少することで一株あたりの価値が向上し、株主に対してプラスの影響を与える。

▶️仮想通貨用語集

NFT

12月におけるNFTマーケットプレイスの月間取引量は5ヶ月ぶりに前月比でのプラスを記録。3,200億円(28.3億ドル)の出来高をマークした。

また、これまで市場の9割を占めていたOpenSeaのマーケットシェアは、8割まで低下。Magic Edenが17%まで頭角を表してきた。

Magic Edenはソラナ(SOL)ベースのNFTプラットフォーム。21年9月に設立され、コインベースベンチャーズやアラメダ・ベンチャーズから出資を受けている。

DeFi

DeFiプロトコルのTVLは昨年12月31日時点で2,430億ドル(28兆円)を記録。年初時点の180億ドル(2兆円)からは約14倍拡大した。

出典:DeFiLlama

TVLとは

「Total Value Locked」の略称。DeFiプロトコルのスマートコントラクト上で運用されている仮想通貨の量を指す。

▶️仮想通貨用語集

2022年の重要イベントの予定まとめ

  • ビットコイン2022(4月6日〜9日)
  • コンセンサス2022(6月9日〜12日)
  • 「The Merge」ETH2.0への移行(予定) 2022上半期
  • ヨーロッパ最大のEthereumイベント「EthCC」開催(7月19日〜22日)

前回の週次レポートはこちら:データからみる前週末の大幅下落、イーサリアムの取引所残高は減少続く

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Android版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア