バイナンス、ポルカドット系銘柄の新規上場を実施

Glimmer(GLMR)新規取扱

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンスは11日、銘柄の新規上場を発表した。

対象となる銘柄はGlimmer(GLMR)で、日本時間12日の1時より取引を開始した。出金は12月24時より可能になる予定だ。

また、提供する通貨ペアはGLMR/BTC、GLMR/BUSD、GLMR/USDTの3つとなる。

Glimmerはポルカドット(DOT)のパラチェーンで稼働するMoonbeamネットワークのガバナンストークンで、送金手数料やステーキング、流動性提供による報酬として利用される。Moonbeamは「ポルカドット上のイーサリアム(ETH)」とも呼ばれるスマートコントラクトプラットフォームだ。

パラチェーンとは

ポルカドットに接続する、独立した個々のブロックチェーンのこと。パラチェーンの枠は100と限定されているため、接続するブロックチェーンを選ぶオークションが行われている。

▶️仮想通貨用語集

関連初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します