アフリカの若手投資家が受ける”ビットコインの恩恵”

金融システムへのアクセス
アフリカでは、口座開設自体の敷居が高くある中、スマホなどインターネットさえあれば売買可能で、金融システムにアクセスできるビットコイン(BTC)は重宝される。その一端を担うのは、PaxfulのようなP2Pの仮想通貨取引所だ。
価値の保存としての仮想通貨
アフリカでは、非常に高いインフレーションに悩まされる国々が多く存在しており、各中央銀行が発行する通貨よりも、ビットコインなどの仮想通貨の方が「価値の保存」に向いているとされている。
Paxfulとは
マーケットプレースと呼ばれる、ビットコインの個人間売買システム。クレジットカード、ギフトカード、iTunesギフトカードなど、豊富な決済手段でビットコインを購入可能。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

金融システムへのアクセス

仮想通貨市場の時価総額は2017年に大きな上昇を見せ、それに伴い、世界中の多くの人々が莫大な利益を得ることに成功しました。

投機的な側面が注目されがちな仮想通貨ですが、実用的な側面も無視できないものとなってきており、特にアフリカ大陸にある国々は、仮想通貨の実用性から多くの恩恵を受けていると言えます。

そして、その一端を担っているのが、Paxfulのような「Peer-to-Peer(P2P)」の仮想通貨取引所です。

Paxfulでは、クレジットカードやギフトカード、Paypal、ApplePay、仮想通貨支払いなど、300種類以上の方法でビットコインを購入することができ、多くの人々が容易にアクセスできるような仕組みになっています。

現在アフリカでは、約12億人もの人々が、銀行口座などを含む金融システムを利用することができていません。この現状について、ブロックチェーン企業であるKora Networkを創業した、Dickson Nsofor氏は、以下のように言及しました。

金融サービスは、資産を増やすために重要な存在であることが証明されている。

しかし不運にも、この世界は不平等だ。多くの地域では、正式な金融システムへのアクセスは、富裕層に限ったものでしかなく、銀行は、口座の開設や維持に高い手数料を設定している。

そして、コスト面や身分証明の問題などから、多くの金融機関は、遠方の地域や低所得地域に支店を開くことはなく、発展途上国の人々は、送金するためだけに何時間も歩かなければならないケースもある。

よって、Paxfulのように既存の銀行口座を必要とせず、スマートフォン(インターネット接続)さえあれば取引を行える方法は、非常に画期的だ。仮想通貨での資金管理や、送金などの金融システムへの容易なアクセスを可能にする。

価値の保存としての仮想通貨

さらに仮想通貨は、そのボラティリティの高さから、「価値の保存(Store of Value)」としての側面が不足していると考えられていました。

しかし、アフリカの国々の紙幣(法定通貨)では、非常に高いインフレーションが起きており、南アフリカでは月間4.5%、ガーナでは月間9.6%、スーダンでは月間54%ものインフレーションが記録されています。

この異常とも言えるインフレ率は、より良い生活を目指すアフリカの若者に悪影響を与えていると言えるでしょう。

これらの国の中央政府が発行する通貨は、決して信用性が高いとは言えません。

仮想通貨ならではの利点

反対に、非中央集権的で管理者が存在しない代わりに、世界中の人々によって支えられている「ビットコイン」のような仮想通貨の方が、低いボラティリティを持つことから、スマートフォンなどを有する比較的若い人達の間で好まれているのです。

このように、アフリカの人々は、口座や送金を始めとする金融システムへの参加や、価値の保存など、仮想通貨の実用的な面から多くの恩恵を受けています。

そして、未だアフリカの一部の国では仮想通貨が禁止されているものの、南アフリカの「Red&Yellowビジネススクール」がビットコインでの授業料支払いの受け入れを始めたことや、同国でビットコインATMの導入も始まっていることから、アフリカの国々において、仮想通貨が着々と普及してきていると言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

南アフリカ共和国の人口の半数が仮想通貨への投資を支持
南アフリカの大手ウェブサイトが4月に行った調査によると、今までに仮想通貨を購入したことのない国民のうちおよそ50%が、2018年中に仮想通貨への投資を考えているとのことです。
南アフリカ銀行がイーサリアムベースの送金計画「PoC」をローンチ
南アフリカ中央銀行は、NY基盤のフィンテック企業「ConsenSys」と協力し、イーサリアムベースの銀行間送金プロジェクト「proof-of-concept(PoC)」をローンチ。さらに、独自のデジタルトークンを発行予定です。

 wael alreweie / Shutterstock.com

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加