仮想通貨市場軟調、カルダノ(ADA)が逆行高

仮想通貨市況

18日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン価格は、前日比-1.28%の486万円(42,315ドル)で推移している。

BTC/USD日足

引き続き様子見が無難な情勢か。

資産運用会社Invescoのストラテジストであるポール・ジャクソン氏は、「ビットコインのマスマーケティングは、1929年のブラック・サーズデー時の株式仲買人を彷彿とさせる。2022年に30,000ドルを下回る可能性は30%ほどの確率で起こり得る」などと指摘。悲観的な見通しを示した。

一方、強気派で知られる米リサーチ企業Fundstratのトム・リー氏は、2022年に200,000ドルに達するとの楽観的な見通しを示している。

関連:海底噴火発生のトンガ王国、ビットコイン寄付に活路

マイナー情勢

政情不安高まるカザフスタンのビットコインマイナー(採掘事業者)情勢では、再移転の可能性が示唆された。

昨年5月、世界有数のマイナー集積地だった中国にてマイニングが禁じられたことで、人件費や電気代の安い隣国のカザフスタン共和国などに大手マイナーが続々と海外移転。ハッシュレートの内、世界第2位の18%を占めるまでに至った。

一方で消費電力の激しさから、カザフスタンの電力供給に支障をきたすなど問題視された。さらに年初より、LPG(液化石油ガス)の価格高騰に抗議した市民による大規模な暴動が発生。通信ネットワークが一時遮断されるなどしてマイニング施設が稼働停止。BTCハッシュレートにも影響を及ぼした。

このような政情不安の高まりを受け、北米やロシアへの一部移転を検討しているという。

デジタル資産管理会社OneBoostのIlmanShazhaev会長は、「マイナーは多額の投資をしている。安定的な電力供給やインターネットへのアクセス、セキュリティなどのインフラ問題は死活問題だ。これら両方が脅威に晒されている」と懸念を示した。

再びマイナーが海外移転を余儀なくされた場合、ハッシュレートが一時的に減少する可能性も考えられる。

関連:短期保有者(STH)のビットコイン保有量が歴史的低水準に|週次データ

アルトコイン市場の動向

カルダノ(ADA)が前日比+9.2%と高騰。時価総額TOP20で唯一の逆行高となった。

Messari

分散型取引所SundaeSwapのベータ版ローンチを20日に控え、SUNDAEトークンの需要が背景にある。

イールドファーミングにおける流動性マイニング報酬のほか、Initial Stake PoolOffering(ISO)の報酬ラウンドでステークプールへのデリゲート(委任)需要が急速に高まった。

15日には、カルダノチェーン基盤のメタバース(仮想空間)プロジェクト「Pavia.io」がローンチされた。Paviaは、ザ・サンドボックス(SAND)」や「ディセントラランド(MANA)」のような仮想世界。

バーチャル土地のプレセールはすでに始まっており、21年10月から11月まで約100,000区画の内約60%が販売され、残りは2022年1Qにセールが開催される予定。独自トークン「PAVIA」がランド保有者向けにエアドロップ(無料配布)されたという。

Messariのデータによると、Cardanoチェーンの日間トランザクション量は70億ドルに達し、イーサリアム(ETH)チェーンの54億ドルを上回った。

Coinmarketcap(CMC)時価総額3位のバイナンスコイン(BNB)バーン(焼却)に関して、BNB価格に応じた新たな自動バーン・メカニズムが搭載された。これにより、「より優れた自律性、透明性、予測可能性」を提供できるようになるという。

関連:バイナンス、新メカニズムで約170万BNBがバーン

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します