Nym、新たなブロックチェーンのローンチを発表

スマートコントラクトを実装

ブロックチェーン基盤の強固なプライバシーウェブサービスの提供を目指すNym Technology(ニム・テクノロジー)は19日、現在開発中のメインネットで稼働することとなる新ブロックチェーン「Nyx」のローンチを発表した。

Nym開発チームは、「Nyx」と命名されたCosmosベースのブロックチェーン上で、初のブロック生成に成功したと報告。Nyxブロックチェーンは近日ローンチ予定のメインネットにおけるスマートコントラクト・プラットフォームとして、高速なスマートコントラクトの実行・処理(最大1万TPS)を売りとする。

関連:コスモスの全体像を動画で解説【CONNECTV】

Nymはメインネットのローンチに先駆け、バリデータの運営をコミュニティに委託しており、現在ノードおよびバリデータの参入が開始されている。これまでにDokia Capital、Figment、Chorus Oneを始め、昨年から稼働中のテストネットにおいて貢献しているNodes GuruやCommodumといったコミュニティメンバーもバリデータとしての参加が発表されている。

バリデータとは

バリデータとは、ブロックチェーンに記録されるデータの妥当性を検証するノードのこと。

仮想通貨用語集

関連:Nym Technology(ニム・テクノロジー)、テストネットをローンチ

NymのCTO(最高技術責任者)であるDave Hrycyszyn氏は、Nyxブロックチェーンのローンチに際して次のように述べた。

過去1年間の技術的、パートナーシップ的な決断が実を結び、プライバシーミックスネットに加え、強力な汎用スマートコントラクトブロックチェーンを提供できるようになったことを嬉しく思います。

    

2021年を通じて、Nymはデスクトップ版「Nymウォレット」やオープンソースの「Mixnet Explorer」の開発、そして米有名ベンチャーa16zから約15億円を調達するなど、技術面や資金面でのマイルストーンを達成。Nymのグローバル報酬型Mixnetは、メインネットでの本格稼働に向け、着々と準備が進められている。

今後、メインネットの本格ローンチの際には「NYMトークン」が発行され、ユーザーはMixnetを利用してネットワーク内でノードを実行することで報酬を得ることができるようになる。

Swisscomと提携

また同日、スイス最大の通信会社であり、大手IT企業でもあるSwisscom(スイスコム)との提携も発表された。

Swisscomのフィンテック・イノベーション・マネージャーであるDominic Vincenz氏は、Nymとの提携にあたってこうコメントしている。

私たちは、データプライバシーが分散型オープンネットワークの成功における最も重要な要素の1つであると確信しています。

Nymは、分散型かつインセンティブに基づいた、強力なグローバルプライバシーネットワークを構築しています。

今後、私たちがNymと提携してプライバシー強化型インフラの開発を支援し、データ所有権中心の新しいビジネスモデルを発展させていくことを楽しみにしています。

    

Nym Technologyについて

スイス・ヌーシャテル発のNym Technologyは、2018年にHarry Halpin氏、Dave Hrycyszyn氏、Claudia Diaz氏ら3人によって共同設立された。

ミックスネット、匿名認証、暗号通貨経済といった3つの主要な技術分野における研究開発のもと、オープンソースかつパーミッションレス、そしてインセンティブ制度を活用した分散型プラットフォームを提供。メタデータをネットワーク層とアプリケーション層の双方で保護することで、ユーザーデータの漏洩を防ぐ次世代のプライバシーインフラを構築する。

関連:サービスとしてのプライバシー機能を提供するNym Technology(ニム・テクノロジー)とは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します