CoinPostで今最も読まれています

サービスとしてのプライバシー機能を提供するNym Technology(ニム・テクノロジー)とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

a16zが出資し一躍注目

スイスで2018年に立ち上げられたNym Technologyは、ブロックチェーン基盤の強固なプライバシーウェブサービスの提供を目的とする企業だ。

11月17日には、IT・テック分野への投資で著名な米ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)などから約15億円の調達を主導したことがForbesなどで取り上げられ、俄に注目を集め始めている。

そしてNymは過去にも、19年に250万ドル(約2億9千万円)、今年7月には600万ドル(約6億9千万円)の資金調達に成功したことも話題となった。Nymはこれらの資金を使い、優秀な人材を確保するだけでなく、今後の具体的なユースケースを探求し、サービス展開するための研究開発費に充てるという。

関連:a16z、2つのブロックチェーン関連企業に出資

Nymエコシステムを支える3つのテクノロジー

Nymが提供する主なサービス内容は、ネットアクティビティに関連するデータの由来を難読化するノードと、そのノード運営にインセンティブを与えるエコシステムをユーザーに提供することだ。

また「ゼロ知識証明」を応用した「クレデンシャル」と呼ばれる技術を使い、特定のインターネットコンテンツにアクセスできる「プライバシー信用サービス」も提供する。

ゼロ知識証明とは

ゼロ知識証明とは、証明(Proof)プロトコルの一種であり、証明者が「自身の主張は真実である」以外の情報を検証者に開示することなく、その主張が「真実である」と証明するメカニズム。

仮想通貨用語集

Nymのエコシステムを支えるのは、Nym Mixnet(ミックスネット)、Nym Credentials(匿名認証)、そしてNYM Token(NYMトークン)からなる、3つのテクノロジーだ。

以下は、それぞれの概要となる。

1)Nym Mixnet

出典:Nym

Nymブロックチェーンでは、インターネットのトラフィックを「シャッフル」する「Nym Mixnet」という技術を採用している。これは、ノードが必要に応じてダミーのデータパケットを注入すことによって、ハッカーや検閲がトラフィックの情報を解読したり、誰が誰に話しているのか追跡したりすることを困難にする技術だ。

Nym Mixnetは、3層構造のミックスノードを持つ分散型ネットワークだ。データパケットはすべて同じに見えるように暗号化された上で、3層のミックスノードを経由して送信されるため、ネットワーク全体を監視できる国家機関レベルの検閲によるトラフィック解析でさえ、パケットの経路を追跡したり、通信パターンのトラフィック分析を行うことができない。 すべてのデータは暗号化され、見た目も同じで、かつランダムなルートを通ることとなる。

すなわち、ユーザーの通信は、Mixnetの各層で何重にも暗号化された上、ユーザーのインターネット・トラフィックが他者のトラフィックと混合することとなる。このプロセスを挟むことで、ユーザーの通信を識別するメタデータ(IPアドレス、タイミング、宛先など)が難読化される。

出典:Nym

つまり、ユーザーのメッセージは「群衆の中に紛れて」しまい、メッセージの内容だけでなくメタデータも保護されることで、ユーザーのコミュニケーションがプライベートなものとなるという仕組みだ。

関連:日本も標的に 200億円相当の仮想通貨を盗み出したハッカー集団CryptoCoreの手口

2)Nym Credentials

出典:Nym

「Nym Credentials」とは、プライベート・クレデンシャル(匿名認証)と呼ばれる技術を用い、プライバシーをアプリケーション・レベルまで拡張することを目的としたものだ。

サードパーティ製アプリケーションが任意の「キー・バリュー」ペアを匿名化できるようにすることで、ユーザーは必要なコンプライアンスや認証用に、自分の判断でデータの一部またはすべてを非公開にすることが可能となる。

つまり、Nym Credentialsの匿名認証技術を使用することで、ユーザーはアプリの使用を通してプライバシーを維持しながらも、医療や公共サービスへのアクセス、銀行規制への対応、オンライン投票への参加など、様々なデジタル・サービスにアクセスする権利を証明することができるという訳だ。

また、通信の「アンリンカビリティ(リンク不能性)」を確保することで、ユーザーが自分のデータの出所を辿られたり、同意してもいないことを明らかにされたりすることを防ぐこともできる。

多くの場合、デジタルサービスにログインする際には、そのサービスを利用する権利を得るために、実際に必要とされるものよりもはるかに多くのデータを渡すことになる。このような個人情報は、第三者に流用もしくは悪用される可能性があることから、アンリンカビリティによって個人データの各ビットが他のビットと接続されていないことを確保し、望ましくないプロファイリングを困難とすることが必要となる。

3)NYM Token(NYM)

出典:Nym

Nym トークン(NYM)は、システムを運営するノードに対し、インセンティブとして報酬を与えることで、グローバルなプライバシー保護サービスを経済的に持続可能でスケーラブルなものにすることを目的として作られている。

今後NYMは、Mixnetの分散化、そしてNymエコシステムの管理において活用されることが想定されており、NYMの価値も、今後増加するであろうプライバシーに対する世界的な需要と結びつくことで上がってくる見込みだ。

またNymはテストネットにおいて、ネットワークノードの運営者にビットコインで報酬を与えており、Nymの技術がビットコインネットワーク上に構築された追加レイヤーであるLightningのようなプロトコルと統合され、即時かつ大量のマイクロペイメントが可能になることも今後のユースケースの一つとして想定されている。

今後のユースケースおよびロードマップ

出典:Nym

本稿執筆時(21年11月)においては、第1のマイルストーンとなるメインネットの21年内のローンチに向け、Nymは3度目となるテストネットを実施中だ。

テストネットとは

テストネットとは、開発者が新しい機能を追加してその挙動を検証する、本環境(メインネット)可動前の試験環境のこと。

仮想通貨用語集

Nymは現在、欧州委員会(European Comissioin:EC)の資金提供を受けて、プライバシーを強化した新型コロナウイルスのデジタル・ワクチンパスポートのためのプライベート認証情報を研究開発中だという。

他にも、メインネットがローンチされる段階となれば、以下のようなMixnetの機能、そしてNYMトークンの報酬システムが完全実装されるとのことだ。

  • ノード運営者としてパーミッションレスでネットワークに参加する機能
  • メッセージの送信者が受信者に知られないようにする、送受信者の匿名性
  • 「Nymプライベート・クレデンシャル」稼働
  • NYMトークンのステーキングを可能とする「Mixpools」稼働
  • ネットワークがミックスノードのサービスの質を分散的に監視し、それに応じてミックスノードに報酬を与える分散型の報酬共有制度(現在はテストパケットをネットワーク経由で送信しており、これが分散化)
  • Nymウォレット デスクトップ版リリース
  • トークン生成イベント
  • 今後、2022年中には第2のマイルストーンとなるアプリのリリース、そして2023年における第3のマイルストーンとしては、諸々のエンタープライズおよび組織での使用開始を挙げている。

    Nym Technologyについて

    Nym Technologyは、2018年にスイスのヌーシャテルでHarry Halpin氏、Claudia Diaz氏、Dave Hrycyszyn氏の3人によって設立。ミックスネット、匿名認証、暗号通貨経済の3つの主要な技術分野において、10年以上に及ぶ研究のもと開発を続けている。

    共同設立者の三人は、欧州委員会が資金提供したプライバシープロジェクト「PANORAMIX」で出会い、そこから最先端のミックスネットデザイン「Loopix」の開発につながったとのことだ。

    NymのCEOであるHarry Halpin(ハリー・ハルピン)氏は、2018年に会社を設立する前に、ワールド・ワイド・ウェブの発明者であるティム・バーナーズ=リーとともにWorld Wide Web Consortiumで働いていた経験を持つ。

    ハルピン氏によると、Mixnetの技術は、現在代表的なプライバシーサービスとして知られるVPNやTorネットワークと異なり、国家レベルの大規模な監視にも打ち勝つことができるという。

    関連:インターネット利用上の安全性と通信速度を強化する分散型VPNとは

    コメントしてBTCを貰おう
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    12:00
    「老後2000万円」問題とは、日本政府が投資をすすめる理由
    「老後に2000万円が不足する」というフレーズを目にして、自分の将来や退職後の資金不足に漠然とした危機感を抱いている方が増えています。そこで、「老後2000万円問題」から現状の金融の問題を紐解き、ひいては投資の必要性についても詳しく検討していきましょう。
    11:30
    ビットコインは中期レンジ下限の1.76万ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
    国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅く推移した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
    11:00
    週刊ニュース|バイナンスの日本進出に注目集まる
    今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。
    09:00
    メタマスク共同創設者、「アップル税」に反対表明
    仮想通貨ウォレット「MetaMask」の共同創業者は、30%のアプリ内購入手数料を強制するアップル社App Storeのポリシーを「独占の乱用」と批判した。
    12/03 土曜日
    15:00
    アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
    Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
    14:00
    スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
    スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
    12:30
    日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
    マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
    11:30
    FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
    FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
    11:00
    米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
    米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
    10:00
    Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
    仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
    08:10
    米コインベース、3銘柄を上場候補に
    米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
    07:30
    バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
    バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
    07:12
    3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
    今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
    12/02 金曜日
    15:56
    三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
    三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
    15:07
    チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
    分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア
    イベント情報
    一覧
    2022/10/14 ~ 2022/12/31
    東京 東京都渋谷区宇田川町
    2022/12/06 13:30 ~ 15:00
    その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
    重要指標
    一覧
    新着指標
    一覧