a16z、2つのブロックチェーン関連企業に出資

a16zの更なる投資

米大手ベンチャーキャピタルa16zは17日、2つのブロックチェーン関連企業に出資したことがわかった。

1つ目はSNSにおけるウェブ3ツールを開発する企業Mem Protocolで、a16zは3.5億の調達ラウンドを主導した。

Mem Protocolは今年の5月に立ち上げられた企業で、Q&Aプラットフォームにおける仮想通貨基盤の信用システムを構築。専門性を要するQ&Aプラットフォームからスパム返信や専門知識を持たないユーザーを取り除くことを目的としている。

また、Mem Protocolはイーサリアム(ETH)の仮想マシンとの互換性を持つSubstrateで構築されており、データはネットワーク参加者が自ら管理し、「データ主権」を実現させるという。

同社は現在プラットフォームの限定テストを行っており、2022年初にメインネットローンチを計画している。

プライバシーウェブも

a16zが出資した2つ目の企業はスイス発のNym Technologyで、シリーズAで約15億円の調達を主導。

また、a16zのほか、Digital Currency Group、Tayssir Capital、Huobi Ventures、HashKey、Fenbushi Capitalといった有名な投資企業も参加したという。

Nym Technologyは2018年に立ち上げられた、ブロックチェーン基盤のプライバシーウェブサービスを提供する企業だ。インターネットアクティビティに関連するデータの由来を難読化するノードにインセンティブを与える仕組みをとっている。

目的は、政府機関の監視から、個人のオンラインアクティビティにおけるプライバシーを守ることだと説明している。

また、「ゼロ知識証明」というメカニズムを活用し、特定のインターネットコンテンツにアクセスできるような「プライバシー信用サービス」も提供しているという。

ゼロ知識証明とは

証明(Proof)プロトコルの一種であり、証明者が「自身の主張は真実である」以外の情報を検証者に開示することなく、その主張が「真実である」と証明するメカニズム。

▶️仮想通貨用語集

a16zの仮想通貨・ブロックチェーン関連投資は勢いを増している。5日に、メタバースゲームプラットフォームMythical Gamesの170億円規模のシリーズCを主導したばかりだった。

関連a16zやFTX、メタバース「Mythical」の170億円調達を主導

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します