CoinPostで今最も読まれています

Orchid(オーキッド)、マルチチェーンに対応

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BSC、Avalanche、ポリゴンなど計8チェーンに対応

分散型VPNサービスを提供するオーキッド(Orchid)は21日、新たに8つのEVM(イーサリアム仮想マシン)互換チェーンに対応することを発表した。

EVMとは

EVM(イーサリアム仮想マシン)とは、イーサリアムのスマートコントラクトのコントラクトコードを実行するための「翻訳機」として機能するもの。

仮想通貨用語集

今回のEVMマルチチェーンサポートにより、オーキッドユーザーはサービスを利用する際に、以下の8つのチェーンから好みのチェーンを選択できるようになった。

対応するブロックチェーン

新たに対応することが発表されたのは、以下の8つのブロックチェーンとなる。オーキッドユーザーはアカウントでの設定により、いずれかのチェーンで帯域幅を購入することできる。

  • Binance Smart Chain
  • Avalanche
  • Polygon(Matic)
  • Ethereum
  • Optimism
  • Gnosis Chain
  • Fantom Chain
  • Aurora on NEAR
  • 関連:初心者でもわかるAvalanche(アバランチ)とは|注目すべき点や将来性を解説

    関連:動画で解説、ポリゴン(MATIC)とは【CONNECTV】

    今回、元々オーキッドが基盤としていたイーサリアムに加え、高度なスケーラビリティが特徴的なAvalanche(アバランチ)、イーサリアムのレイヤー2ソリューション開発で知られるPolygon(ポリゴン)、および大手仮想通貨取引所バイナンス開発によるバイナンス・スマートチェーンなどのサポートが開始した。

    イーサリアム以外の複数のチェーンをサポートすることにより、オーキッドのサービス利用開始時に必要なアカウント開設のコストが削減される。例えばGnosis Chain(旧xDaiチェーン)では、1ドル(約100円)からアカウント作成が可能だ。

    関連:ガス代高騰を受けオーキッドがxDaiに対応、1ドルからアカウント開設が可能に

    今回のマルチチェーン対応について、オーキッドのソフトウェア設計主任であるジェイ・フリーマン氏はこうコメントしている。

    この2年間で、レイヤー1のチェーンは機能的にほぼ収束し、レイヤー2のコモディティとなりました。私たちは過去1年間、様々なチェーンをテストし、課題を見極め、修正案を提唱し、イーサリアムコミュニティがマルチチェーンの互換性を維持する手助けをしてきました。

        

    イーサリアムの高いガス代問題への対処

    オーキッドがマルチチェーンに対応した背景には、イーサリアムのガス代(手数料)高騰問題が関連している。現在イーサリアム上のDeFiプロダクトには、1,000億ドル(約11兆円)以上の価値がロックされており、トランザクション数増加によるネットワークの混雑に伴い、ガス代も高騰している。

    オーキッドのアカウント開設費用は、イーサリアム(ETH)価格、ガス代、およびオーキッドのネイティブトークンOXT価格によって変動するため、イーサリアムネットワークが繁栄し、ガス代が高騰するにつれて、アカウント開設にかかるコストも高くなっている。ガス代高騰によるアカウント開設コストの増加を理由に、オーキッドのVPNサービスを断念するユーザーが出てこないよう、イーサリアム以外のチェーンへもサポートを拡大したという。

    マルチチェーン対応のシステムを設計することにより、ユーザーの選択肢が増えるだけでなく、ユーザーおよび帯域幅プロバイダーは、より安い手数料を求めるようになり、長期的な競争促進に繋がるとオーキッドは考えている。

    コメントしてBTCを貰おう
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    01/26 木曜日
    16:34
    2023年のビットコインマイナーの売り圧力は? Galaxy Digitalが分析
    米大手仮想通貨投資企業Galaxy Digital社は、2022年末のマイニング産業の分析レポートを発行した。資金調達手段の限られた多くのマイナーがサバイバルモードにあり、2024年のビットコイン半減期までは継続すると見られている。
    12:37
    米サークル社がSECを非難「SPAC株式上場計画の頓挫に責任あり」
    ステーブルコイン「USDC」を運営する米サークル社は、特別目的買収会社を通じた株式市場への上場計画が頓挫したのは、米証券取引委員会の不作為によるものだとして、規制当局を非難した。
    12:32
    Lido、イーサリアム出金方法を投票へ
    リキッドステーキングプロトコルLido Financeで、仮想通貨イーサリアムの出金方法に関する提案書が提出された。LidoはETHのステーキングサービスのトップシェアを占める。
    12:07
    ビットコイン調整入りせず続伸、APTは前週比137%高と高騰
    米金利引き上げペースの鈍化予想と堅調な米株指数に支えられ、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)相場は調整入りを否定して続伸した。アルト相場ではAptos(APT)が高騰したほか、金融市場ではゴールド価格も大幅高となっている。
    11:55
    セルシウス、債務返済のための新トークン発行を検討
    破綻した仮想通貨融資企業セルシウスは、債権者に返済するために新たにトークンを発行する可能性を検討している。破産裁判所はフレアトークン付与や一部ユーザーの出金を認めた。
    11:35
    SushiSwap、パーペチュアル取引を提供へ
    分散型の仮想通貨取引所SushiSwapが、Sei Networkでパーペチュアル取引をリリースする計画がわかった。Sei Networkはトレーディング向けにカスタムメイドされている。
    10:15
    Moonbirds発行企業の創設者、1億円超のNFT盗難被害か
    NFTコレクションMoonbirdsを手掛けるProofのKevin Rose共同創設者は、自身の仮想通貨ウォレットがハッキングされ、保有するNFTが盗まれたと公表した。
    09:45
    ナイキのWeb3「.SWOOSH」、ユーザー参加型コンテスト開催
    ナイキが提供するWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」は、ユーザーが参加できるデザインコンテストを発表。受賞したユーザーはナイキのデザイナーと共同してデジタルスニーカーを作成できる。
    08:00
    米コインベース、2銘柄の新規取扱を実施予定
    米国の大手暗号資産取引所コインベースは26日、2つの銘柄の新規上場を実施する予定だ。
    07:45
    ロビンフッドのSNS、ハッカーが仮想通貨詐欺に悪用
    仮想通貨などの投資アプリを提供する米ロビンフッドは、ツイッターアカウントが乗っ取られた。偽の仮想通貨を売りつけるハッカーの詐欺の手口が明らかになっている。
    07:30
    テスラ決算でBTC保有継続判明|26日金融短観
    本日のニューヨークダウは一時400ドル超下落するも買い戻しが入り反発。仮想通貨市場ではアプトス(APT)が過去最高値をつけている。
    01/25 水曜日
    18:05
    ステーブルコインのガイドライン改正、専門家や弁護士の見解は|CONNECTV・動画解説
    今回のCONNECTVでは、JPYC代表の岡部典考氏と弁護士の落合一樹氏をお呼びして、新しく改正されたステーブルコインのガイドラインについて、何を注目しているかを伺った。
    16:36
    ImmutableXでAAAタイトルのゲーム開発へ
    イーサリアムのL2スケーリングソリューションImmutableXは、高品質なMMORPGゲーム「Search for Animera」の開発計画について発表。基本プレイ無料だが、ジェネシスNFTの保有者だけが限定版にアクセスできる。
    14:15
    デロイトなど、Web3時代のクリエイター支援プラットフォーム立ち上げへ
    株式会社ビジュアルボイスとデロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、Web3時代のクリエイター支援プラットフォームを今春提供開始すると発表した。
    13:07
    グレースケールCEO「投資信託GBTCの公開買付けは最終手段」
    米仮想通貨運用会社グレースケールのMichael Sonnenshein最高経営責任者は、ビットコイン投資信託(GBTC)のETF転換に関する法的手段が行き詰まった場合、GBTCの株式公開買付けを検討すると表明した。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア
    イベント情報
    一覧
    重要指標
    一覧
    新着指標
    一覧