米銀行初のビットコイン売買サービス、Five Star銀が提供へ

米銀行初のビットコイン購入サービス

米ニューヨークにある銀行「Five Star Bank」は25日、仮想通貨投資会社NYDIGと提携し、顧客にビットコイン(BTC)の売買・保管サービスを提供することを発表した。ビットコイン取引サービスを提供する米国初の銀行になる。

Five Star銀は主にニューヨークの西部・北西部を主なサービス拠点として店舗やATMを展開する地方銀行。同行はこれから、顧客が銀行アプリで当座預金口座を利用しビットコインを取引できる機能を提供。また、安全な保管サービスも利用可能だという。

NYDIGはニューヨーク発の仮想通貨関連企業で、ビットコインファンドを運用しているほか、銀行等金融機関がビットコイン取引サービスを顧客に提供できるよう技術を提供している。

Five Star銀のMartin K. Birmingham CEOは発表で「これから、伝統金融資産とともに、ビットコインの売買・管理ができるデジタルバンキングオプションを顧客に提供することにワクワクだ」、「NYDIGの協力のおかげで、顧客がより安全かつ効率の良い方法でデジタルトランザクションを管理することを可能にできる」とコメントした。

先週、NYDIGが米国銀行協会及び米国独立銀行協会と提携し、今年の上半期内に米国にある約300の中小銀行がビットコインの取引・保管を顧客に提供する見込みがあることが報じられた。報道時では、「BankSouth」という銀行が現在NYDIGと決済大手NCRと提携し、ビットコイン取引サービスを試運転しているところで、ジョージア州にある銀行「Synovus Financial」は現在モバイルアプリにビットコイン取引機能を実装する予定をしているという。

関連約300の米中小銀行、上半期にビットコイン取引提供へ=報道

銀行との架け橋

昨年のNYDIGの調査によると、米国の成人の20%以上がビットコインを保有しており、そのうちの80%以上は、自身が利用している銀行や信用組合でビットコインを保管することにも関心を持っていることが明らかになった。

NYDIGの親会社Stone RidgeのYan Zhao共同設立者は以前、米Forbesの取材で現在の銀行インフラ内で仮想通貨サービスを提供することで、仮想通貨に特化した取引所などの企業との競合が可能になると指摘した。

我々が進めているのは、一般のアメリカ人や企業が、今使っている銀行との付き合いを通じてビットコインを直接購入できるようにすることだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します