コインチェック、16日に対象者へ暗号資産シンボル(XYM)付与

XYMの付与日程を発表

暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックは14日、ネム(XEM)の大型アップグレードで誕生した新チェーンのシンボル(XYM)を2月16日に付与すると発表した。また、同日よりコインチェックが提供する貸暗号資産サービスにおけるシンボルの取扱い及びシンボルの送金機能も提供予定としている。

コインチェックによるシンボルの付与に関しては、2021年10月に通貨付与に向け準備中であり、付与予定時期を2021年度中(2022年3月まで)とアナウンスしていた。

関連:コインチェック、シンボル(XYM)付与予定時期を公表

対象者

シンボル付与の対象は、取得されたスナップショット時点でコインチェックのアカウントにネムを保有していた利用者のうち、付与時点で通常通り利用できる人と、以下の条件に合致する人とされている。

  • コインチェック貸暗号資産サービスにてネムを貸出中・貸出申請中の場合
  • 貸暗号資産アカウントにネムを保有している場合
  • コインチェックつみたてにてネムを積立している場合

2021年3月12日頃ネムのブロック高:3,105,500に実施されたスナップショット(権利確定日時)を基準に、XEM保有量に応じて1:1の比率で配布される予定となっていたが、現時点では、Zaifなど国内外の一部取引所しか配布されていなかった。

新規通貨上場にあたり、対応ウォレットの準備や当局承認などのプロセスが生じるためだ。なお、国内最大手取引所のbitFlyerは、シンボル付与時期を2022年3月中を目途としている。

関連:bitFlyer、ネムの新通貨XYMの付与方針を発表

ネムの新通貨であるシンボルは、開発者、企業、個人向けに設計された次世代のエンタープライズ規格のブロックチェーン。他のブロックチェーンと相互運用できる点などを特徴とし、ネムと比較しセキュリティや処理能力、柔軟性などの点で優れている。

10,000XYM以上の保有者は、収穫を意味する「ハーベスティング(委任ハーベスト)」によって、委任先ノード及びネットワークに貢献することで、ステーキングのようなリワード報酬を得ることができる。

関連:コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント

関連:nem・Symbol待望の大型アップデート 専門家がハーロック・キプロスの重要性を解説【CONNECTV・動画解説】

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します