CoinPostで今最も読まれています

BlockFiが米SECと115億円で和解 仮想通貨有利子口座を登録へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨利子付き口座をSECに登録へ

米証券取引委員会(SEC)は14日、大手暗号資産(仮想通貨)貸借サービスプラットフォームBlockFiに1億ドル(約115億円)の罰金を科したと発表。また、同社が仮想通貨有利子口座のサービスについて、SECに登録する予定であることも明かした。

BlockFiも同日に公式声明を公開。SECおよび各州の証券規制当局と1億ドルで和解する条件として、有利子口座「BlockFi Yield」を証券として投資家に提供するため、SECに公式登録を行う計画を発表した格好だ。

BlockFiの「有利子口座」は高利回りの貸付により、仮想通貨を預けることで利子が付与される仕組みだ。その利回りは伝統的金融商品より高く、年利8%以上のものも提供されている。

しかし、SECなどの規制当局は、こうした商品が投資信託やその他の金融商品に類似しているとして、証券法違反の疑いでBlocFiを調査してきた経緯があった。

BlockFiとは

2017年に設立された仮想通貨レンディングプラットフォーム。売買取引の他、仮想通貨を預けることで利子を受け取れる口座や、仮想通貨を担保とした現金貸し出しサービスを提供している。一部の国で、購入額に対してビットコインで報酬還元されるVisaカードも導入した。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨利子付き「証券」として提供へ

BlockFiのZac Prince CEOは、「BlockFi Yieldが新しく、SECに登録された仮想通貨利子付き証券になることを意図している。顧客に、仮想通貨の利子を提供する商品である」と述べている。

先週の時点では、BlockFiが米国の顧客向けの高利回り口座を廃止しなければならない可能性が報じられていた。しかし、今回のSECとBlocFiの発表からは、BlocFiが新たな名称の下、SECに正式登録したものとして、有利子口座を提供していく予定であることが示された形だ。

SECのGary Gensler委員長は次のように説明した。

本日の和解は、仮想通貨市場が、証券法を遵守しなければならないことを明確にするものだ。さらに、仮想通貨プラットフォームがこれらの法律に準拠する方法を探る上で、SECが協力していくことも示している。

BlockFiによると、今後も、既存の米国ユーザーは、既存アカウントで利息を得ることができるものの、資産を新たに追加することはできないという。米国以外のユーザーには影響がない。

「規制明確化への道を開いた」

今回の和解について、仮想通貨に詳しいJake Chervinsky弁護士は、次のようにコメントしている。

今回の件について罰金の額が強調されることが多いが、本当に重要なのは、BlockFiがここで規制の明確化への道筋を切り開いたことだ。

SECは、BlockFiが仮想通貨の有利子口座を登録し、明確に規制準拠することに同意しているようだ。これはかなり良い取引だと思う。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:15
Gala Games、公開プレイテスト開始
Gala Gamesが2タイトルで公開プレイテストを実施中。4X系のターン制RPG、「エターナル・パラドックス」とサバイバルMMOPRG「ウォーキング・デッド:エンパイア」で2週間限定で実施される。
13:00
アバランチ(AVAX)、アップデート後に約1時間のダウンタイム
仮想通貨アバランチのブロックチェーンは、23日に実装されたアップデート「Banff 12」後に約1時間に渡って停止した。アバランチの「Contract(C)Chain」が影響を受け、一部取引所では入出金を停止する措置が取られた。
12:27
ビットコイン反落、FOMCパウエル発言やイエレン議会証言で楽観的な見方が後退
暗号資産(仮想通貨)市場では年初来高値を更新していたビットコインが急反落。米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%の利上げを行なったパウエルFRB議長の方針とイエレンの議会証言で、楽観的な見方が後退した。
11:28
メタマスク、機関投資家向けにステーキング機能を提供へ
米ConsenSysは、機関投資家向けの仮想通貨ウォレット「Metamask Institutional」にステーキング専用のマーケットプレイスを設置する計画を発表した。4つの仲介サービスを提供し、イーサリアムのワンクリック・ステーキングが可能になる。
11:15
ビットコインカストディのXapo Bank、USDC送金システム提供へ
ビットコインカストディ企業Xapo Bankは、ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社と提携して送金システムを提供すると発表した。SWIFTと比べ低コストで迅速に送金できるものだとしている。
10:15
Bitrue、Arbitrum(ARB)上場予定
仮想通貨取引所Bitrueは、イーサリアムのL2「Arbitrum」の新規上場計画を発表した。同社は取扱い開始を記念して独自にARBトークンのエアドロップを実施予定。賞金として総額100,000 ARBが用意されている。
10:10
米SEC、トロン創設者ジャスティン・サン氏らを提訴
米証券取引委員会は、仮想通貨トロンの創設者であるジャスティン・サン氏に対して訴訟を起こした。未登録証券の提供や販売、ウォッシュトレードを行ったと申し立てている。
09:50
「GM Radio」 次回は分散型IDプロジェクト「Masa Finance」が参加
グローバル版CoinPostによる第15回GM Radioは、3月24日の12:00からツイッタースペースで配信予定。ゲストに、SBT活用の分散型IDプロジェクトMasa Financeを招待する。
09:20
米SEC、証券法違反の疑いでコインベースを調査
仮想通貨取引所コインベースは、米SECからウェルズ通知を受け取ったことを公表。SECが調査している内容やコインベースの考えを説明した。
08:20
コインベース、Arbitrum(ARB)上場予定
仮想通貨取引所大手コインベースは、「Arbitrum(アービトラム・ARB)」の新規上場を決定した。また、個人投資家向けのアルゴランド(ALGO)のステーキング報酬の付与中止する予定だ。
08:00
メイプルストーリー、NFTゲーム構築にポリゴン採用へ
ネクソンは、仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを開発するPolygon Labsとパートナーシップを締結。メイプルストーリーのNFTゲーム構築に、ポリゴンの技術を活用する。
07:27
米国株反落 FOMC追加利上げ、年内利下げ期待が後退|23日
本日のNYダウやナスダックは反落。NYダウはパウエル議長のFOMC会見を受けて乱高下し-530ドルで取引を終えた。FRBはFOMCで政策金利を0.25%引き上げた。
03/22 水曜日
15:56
BNB Chainのメタバース「Oasis Origin」、OpenAI「GPT4」採用へ
メタバースソーシャルアプリ「Oasis」は、BNB ChainでWeb3版「Oasis Origin」をリリースした。同製品は米OpenAI社の言語モデル「GPT4」を活用するロードマップで注目を集めている。
14:56
「ステーキングサービスを証券認定から除外すべき理由」米コインベースがSECに請願書提出 
米大手仮想通貨取引所コインベースは20日、証券取引委員会に対し、ステーキングサービスの証券法上の取り扱いに焦点を当てた意見書を提出。明確なガイドラインを示すことなく、執行により政策的立場を表明するSECの姿勢を強く批判した。
12:09
Magic Eden、「Ordinals」のサポートを開始
クロスチェーンNFT電子市場Magic Edenは、ビットコイン・ブロックチェーン版のNFT(非代替性トークン)である「Ordinals」の取引市場をオープンした。ユーザーエクスペリエンスが改善され、Ordinalsの一般ユーザーへの普及に期待がかかる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア