ウクライナ政府、仮想通貨寄付募集を開始 総額は10億円超

ウクライナ政府、仮想通貨寄付を募集

ウクライナ政府は27日、暗号資産(仮想通貨)による同国への寄付を呼びかけた。現時点で、1,000万ドル(約11億円)以上のビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、その他の仮想通貨を調達している。

掲載されたイーサリアムのアドレスには執筆時点では6億円(500万ドル)相当の仮想通貨が寄付された。また、仮想通貨メディアThe Blockによると、27日時点でウクライナ政府のビットコインアドレスは約350万ドル(約4億円)を受け取っているという。

さらに、テザー(USDT)や、トロン(TRX)などその他の仮想通貨で130万ドル(約1.5億円)が集まっていた。大手NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスOpenSeaのデータによると、多くのNFTも寄付されている。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

経緯

背景として、ウクライナ政府の公式ツイッターアカウントは26日より、ロシア軍による侵攻が続く中、仮想通貨寄付を呼びかけていたことがある。

ウクライナのMykhailo Fedorov副首相や、外交官のOlexander Scherb氏などの政府関係者も、この寄付のアドレスをツイッター上でシェアした。

ウクライナのデジタル変革省は、The Blockに対し、このキャンペーンはウクライナ政府が行っているものであると確認した。また、次のように述べている。

私たちはウクライナを勝利に導き、ウクライナで起きていることについて国際社会の認識を高めるために、あらゆる手を尽くしている。

信憑性に警戒呼びかける声も

一方で、仮想通貨アドレスの信憑性に警戒する声も挙がっていた。イーサリアムの共同創設者Vitalik Buterin氏も、ロシア軍が侵攻時にサイバー攻撃を行ったことを考えると、メッセージの信憑性には懸念があるとして、送金を避けるよう促していた。

Buterin氏は27日、このメッセージは取り下げたとして次のようにツイートしている。

仮想通貨による寄付の募集が真正なものであることを、いくつかの情報源から確認した。今のところ、いったん私の警告メッセージを削除する。ただ、引き続き警戒し、仮想通貨を送信する際は、常に慎重に行うことを推奨する。

なおウクライナ大統領は27日、ウクライナとロシアが停戦交渉を開催することで合意したと発表。現在のところベラルーシ国境で行われる予定だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します