仮想通貨VC「Electric Capital」 1,000億円調達

10億ドルの大型調達

暗号資産(仮想通貨)に特化したベンチャーキャピタルElectric Capitalは1日、新たな資金調達ラウンドで約1,150億円を調達した。

Electric Capitalは2018年に創業されたVCで、これまでL1ブロックチェーンのニア(NEAR)、仮想通貨投資企業Bitwise、分散型取引所dYdX、プライバシー仮想通貨Iron Fishなどに出資。前回調達を実施したのは2020年の8月で、約127億円を調達した。

関連初心者でもわかる「NEAR Protocol(NEAR)」とは|特徴と注目点を解説

同社は今回調達した金額をもってパラダイムの2,900億円ファンドやFTXの2,300億円ファンドといった超大型ファンド勢に加わることになる。

関連業界最大規模、仮想通貨VCのParadigmが2,800億円ファンドを発表

新規資金はWeb3.0(分散型ウェブ)のインフラを開発するプロジェクトやDeFi(分散型金融)プロトコル、NFTとDAOをサポートするプラットフォームのプロジェクトに充てられる。アロケーションについては1プロジェクトあたり、1.1億円〜23億円の投資額が見込まれ、トークン及びエクイティも取得対象となるという。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

Electric Capitalの共同創設者Curtis Spencer氏は発表で、「Electric Capitalはエンジニアリング重視のVCで、これまで構築してきたインフラを利用し流動性を提供、バリデータノードも運用。また、投資先のチームがエコシステムをより理解するために新しいデータといったリソースを共有している」と説明した。

最近1,000億円以上の調達例としては、テラ(LUNA)のエコシステムをサポートする非営利組織「Luna Foundation Guard」が2月22日、LUNAトークンのプライベートセールで約1,150億円を調達した事例がある。

関連テラの非営利組織、1,100億円を資金調達 UST準備金にビットコイン活用へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します