ナスダック上場企業DraftKings、ポリゴン(MATIC)のバリデータに

DraftKings、ポリゴンのバリデータに

スポーツやゲームのサービスを提供するナスダック上場企業DraftKingsは7日、ポリゴン(MATIC)ネットワークの公式バリデータになることを発表した。

ポリゴンネットワークで、バリデータはMATICをステーキングしてノードを稼働させ、ネットワークの安全確保に貢献。その見返りとして、MATICによる報酬を得ることができる。

関連国内取引所のステーキングサービスを徹底比較|イーサリアムのステーキング手順も解説

バリデータとは

ブロックチェーンに記録されるデータの妥当性を検証するノードのこと。承認者の意で、取引履歴を検証する役割などを持ち、その役割を果たすと仮想通貨で報酬が与えられる。

▶️仮想通貨用語集

DraftKingsの共同創設者Paul Liberman氏は、次のように説明した。

当社は、Web3.0時代における事業の将来性を確実なものにするための、堅牢・持続可能で、信頼性の高い分散型インフラを構築するという戦略を有している。バリデータとして参加することは、この戦略を促進するものだ。

また、バリデータとなる上では、仮想通貨関連企業Zero Hashの提供するサービスを使うという。

Zero Hashは、企業向けデジタル資産インフラの大手プロバイダーである。企業がより容易にPoS(プルーフオブステーク)の仮想通貨をステーキングできるサービスを開発している。

ポリゴンの共同設立者Sandeep Nailwal氏は、「DraftKingsを、私たちのネットワークにおける最初の企業バリデータとして迎えることができて嬉しく思う」と述べた。

ポリゴンは代表的なイーサリアムの(ETH)のレイヤー2ソリューションで、ネットワーク手数料の高騰問題などを解消する開発者向けフレームワークである。

レイヤー2とは

「2層目」のブロックチェーンのこと。全ての取引履歴をメインチェーンに書き込むと負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。そこで、取引履歴の一部をオフチェーンサイドチェーンに記載するようにすることでメインチェーンへの負荷軽減や処理速度向上を期待することができる。

▶️仮想通貨用語集

NFTマーケットでポリゴンを使用

DraftKingsは2012年に創設された米拠点の企業で、スポーツ賭博のサービスを提供していることでも知られている。同社はすでにNFT(非代替性トークン)の市場を通じて、ポリゴンのエコシステムに参加してきた。

21年10月には、ポリゴンのブロックチェーンゲーム・NFT部門との提携を発表。デジタル収集品のプラットフォーム「DraftKings Marketplace」で、ポリゴンのネットワークを使用している。

21年12月には、アメフトの米プロリーグ「NFL」をゲーム化したNFTコレクションをローンチすることも発表した。

関連ナスダック上場企業DraftKings、米NFLのNFTをローンチへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します