仮想通貨取引所FTXが機関投資家基盤を拡大へ、「FTXアクセス」をローンチ

機関投資家向けサービスの専門部署

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは機関投資家ユーザーの基盤を拡大するために、専門部署を設立したことを発表した。

新たに立ち上げた部署は「FTX Access」で、指数プロダクトやアナリティクスツール、助言サービスといった専門的なサービスを提供していく。

また、より多くの大口投資家が利用しやすいように、仮想通貨デリバティブへのエクスポージャーを提供するプロダクトを強化し、カストディサービスや資産管理業もローンチする計画だ。

FTXはすでに多くの銘柄のデリバティブ取引や指数商品や現物取引を提供しているが、自走のカストディプロダクトを有してない。ライバルのコインベースなどと足並みを揃える動きだ。

また、FTXはコインベースの元グローバル責任者Gustavo Miguel氏をFTX Accessの米国部門リーダーに起用。Miguel氏は大手金融モルガン・スタンレーにも務めた経験を持つ人物だ。

FTXは最近、大規模なビジネス展開を計画しているようだ。今回のFTX Access発表のほか、2日前にはキプロスで運営ライセンスを取得し、欧州市場への進出を本格化することも発表。

関連仮想通貨取引所FTX、欧州進出を本格化

また、先月末にはファッション業界にも進出するために、高級品・ファッションブランド部門を立ち上げて、モデルの経歴を持つファッション系スタートアップVensetteの元CEO Lauren Remington Platt氏を部門責任者とした起用している。

関連仮想通貨取引所FTX、高級ファッションブランド提携部門を設立

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します