米決済企業Stripe、仮想通貨・NFT事業者に対応

FTXとも提携

米大手オンライン決済サービス企業Stripe社は10日、仮想通貨取引所・ウォレット・NFT電子市場などの仮想通貨ビジネスに対応開始したことを発表した。

仮想通貨ビジネスへのサービス対応について、StripeはAPIを通して、法定通貨サービスを提供。具体的には取引所やNFT電子市場における法定通貨の入出金が可能になることだ。

Stripeの公式ページによると、180ヵ国でVisaカード等の決済方法で仮想通貨購入が可能になり、NFT電子市場の売買人オンボーディングおよび「Stripe Identity」とい本人認証システムでID書類を確認することにも対応する。

また、グローバル取引所FTXおよび米国版FTXはStripeと提携し、ユーザーがデビットカードと銀行口座からの入金という方法で仮想通貨を購入することができるようになる。ユーザー認証と不正防止の分野においてはStripeの「Stripe Radar」を利用し強化するという。

今回の発表はStripeが仮想通貨事業に本格的に進出する動きとなる。昨年10月に同社は仮想通貨のエンジニアチームの立ち上げを計画していることを発表。Stripeは2011年に米国でローンチされたオンライン決済プロセッサーで、サービスを40ヵ国に拡大している。

関連米オンライン決済のStripe社、仮想通貨エンジニアチームを計画

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します