Deus Financeなど複数のDeFiプロトコルで16億円超のハッキング被害

フラッシュローンを悪用

DeFiプロトコルのハッキングが相次ぐ中、3月15日には、Fantomブロックチェーン基盤のDeus Financeから暗号資産(仮想通貨)の不正流出が発覚した。またその数時間後には、AgaveとHundred Finance(Gnosisチェーン基盤)も巨額の損失を被ったことが報告された。

現在ハッキングの被害額は、Deus Financeが300万ドル(約3億5,500万円)、AgaveとHundred Financeの合計で1,100万ドル(約13億円)とみられている。同日に起こった一連のハッキングに共通しているのは、フラッシュローンが悪用され、資金が搾取されるというパターンだ。

フラッシュローン(Flash Loan)

フラッシュローンとは、スマートコントラクトで実行される無担保の融資。対象資産のトークンについて借り入れと返済の処理を同一のトランザクション内で完了することが条件となる。

▶️仮想通貨用語集

Deus Finance

Deus Financeは、デリバティブやオプションなど、トークン化された金融商品の構築と発行が可能プラットフォーム。

ブロックチェーン・セキュリティ企業のPeckShieldによると、ハッカーは、フラッシュローンを利用し、Deus FinanceのステーブルコインDEIとUSDCペアの価格オラクルを操作。一部のユーザーの貸出ポジションが債務超過に陥る事態となり、DEI/USDCプールに流動性を提供していたユーザー資金が失われた。

ハッカーは盗んだ資金を分散型取引所Multichainを介して、200,000 DAI と1,101.8 ETHに交換。Etherscanのデータによると、犯人はその後、プライバシープロトコル「Tornado Cash」経由で、不正取得した全イーサリアムの資金洗浄を実行したようだ。

Deus Financeは、不正流出が発生した貸出契約の停止措置を講じる一方で、ネイティブトークンDEUSとDEIに影響はなかったと述べている。

この事件の1週間前、同じくFantom基盤のDeFiプロトコル「Fantasm Finance」で約3億円のハッキング被害が報告されていた。

関連:DeFiプロトコルFantasm Finance、3億円のハッキング被害

AgaveとHundred Finance

AgaveとHundred Finance両プロトコルは、ともにGnosisチェーン上でのハッキングを受けたことで、現在、コントラクトを停止し状況の分析を急いでいる。

AgaveはDeFi融資プラットフォームAaveのフォークで、Gnosisチェーン上の融資プロトコル。Hundred Financeは、DeFi融資プラットフォームCompoundのフォークで、マルチチェーンのレンディング・プロトコル。Chainlinkのオラクルを採用している。

ブロックチェーン開発者でセキュリティ研究者のMudit Gupta氏は、「ハッキングの根本的な理由がGnosis上の公式なブリッジ・トークンが基準外のものであり、送金の度にコールが可能になるフックを装備している」点にあると主張。そのため、スマートコントラクトに何度も入り、送金操作などを繰り返すリエントランシー攻撃が可能になるとのことだ。

Gupta氏はAgaveとHundred Financeの開発チームの誤算は、このようなリエントリーが可能なトークンを利用したことだと述べている。両プロトコルのコードベースとなったAaveとCompoundではガバナンスチームが、リエントランシー攻撃を回避するため、メインネットに上場するトークンについては厳格な審査を行なっているという。

昨年12月に約35億円が不正流出したDeFiプロトコルGrim Financeのハッキングの原因となったのも、リエントランシー攻撃であったことが明らかになっている。

関連:DeFiプロトコルGrim Financeにハッキング 30億円以上が不正流出

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します