Poloniexの大規模なサービスの停止やサポートの問題について

Poloniex取引の利用者は今起きているサービスの不安定さによる問題に関して満足していないでしょう、特にプラットフォームの停止は今回が二度目でした。

過去数ヶ月似たような事例が増えていることは、Poloniex社がかなりの数の問題を抱えている証拠でもあります。

一部の利用者はそれが確定した事実ではありませんが、会社は破産していると訴えています。

現状Poloniexは世界最大のアルトコイン取引所ですが、ここ数か月のとてつもない人気と急成長によりたくさんの問題が発生したようです。

企業側はカスタマーサポートに疎いだけでなく、引出・預入の問題も未解決のままなので、Poloniexの人気が下がり始めています。今回起きている供給停止の見込みがないため、利用者を困惑させるだけでなく一部の人々の信用を完全に失いつつあります。

再び起きたPoloniexの停止

今回起きた停止には慣れている人も多いでしょう、なぜなら同じことが以前BTC-E(2011年設立ブルガリアの取引所) に起きたためです。

過去の停止に注目していた方は“接続問題”によりサイトが停止したとご存知でしょう。

さらにその二日後、ドメイン名は米国政府に差し押さえられました。

今回、同じことが起きるとは思えませんが、Poloniexの過去を考慮すると起こり得ないと断言はできないようです。

最近の多数の問題はPoloniexにとっては悪影響です。

多数の利用者が何度も資金の引き出しや預け入れを試みますが、うまくいっていません

Poloniex側が抱えている問題は直ちに改善されるべきであり、供給停止が持続する限り利用者の不満は募る一方です。

利用者が資金を長期的に保持したい場合は資金の引き出しはしないことを推薦しますが、システムが資金を制御していることは利用者にとって理想的な状態とは言えません。

さらにPoloniexは自社の契約条件を改訂しており、現在、改善状況はとても不明確です。

Poloniexが問題なく運営を再開する可能性もある一方、破産して無くなる可能性もあります。

事実上なにが起きてもおかしくはありません、時間が経てば答えは出るでしょう。

しかし今は決してPoloniex社は良い状態ではないようです。

Major Poloniex Outage Highlights how we Need Fewer Centralized Exchanges

Aug 3, 2017 at 3;15 BST by JP Buntinx

原文はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加