バイナンス、銘柄の新規上場を実施

DeFi銘柄のBiswap(BSW)

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンスは21日、銘柄の新規上場を発表した。

対象となる銘柄はBiswap(BSW)で、日本時間21日の22時30分より取引を開始した。出金は22日の22時30分より可能になる予定だ。

また、提供する通貨ペアはBSW/BNB、BSW/BUSD、BSW/USDTの3つとなる。

BiswapはBNBチェーン基盤の分散型取引所(DEX)で、低い手数料やブロックチェーンゲームに対応するdAppsを提供。BSWはBiswapのガバナンストークンとして機能する。

関連バイナンススマートチェーン、「BNB Chain」に改名

バイナンスは先週、人気NFT(非代替性トークン)プロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」の独自通貨ApeCoin(APE、エイプコイン)の新規上場を実施した。

関連バイナンス、BAYCの独自通貨Apecoin(APE)の取り扱い開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します