米コインベース、エイダ(ADA)のステーキングサービスを開始 ステークポートフォリオ拡大の一環として

ステーキングサービスを拡張

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは24日、ステーキングサービスの対象として新たにエイダ(ADA)を追加することを発表した。

ステーキングとは

ステーキングとは、一定量の暗号資産(仮想通貨)を所定の期間、預け入れることで報酬が得られる仕組みである。PoS(プルーフオブステーク)ネットワークのセキュリティに寄与することで報酬が発生している。

▶️仮想通貨用語集

発表内容によると、コインベースでADAをステーキングすることによって獲得できる年間の推定リターンは、現時点で最大3.75%APY。初めの保有期間(20~25日)が終了すると、5~7日ごとに報酬がユーザーの口座に振り込まれる仕組みとなっている。

同社は、ADAでは専用ウォレットを通してステーキングすることが可能だが、これらの「プロセスは分かりにくく、複雑」としたうえで、「あらゆる個人ユーザーがカルダノネットワークに積極的に参加し、報酬を獲得するための簡単で安全な方法を提供」していくと説明する。

関連: 米仮想通貨取引所コインベース、収益多様化に注力へ

米コインベースは今、イーサリアム(ETH)、アルゴランド(ALGO)、コスモス(ATOM)、テゾス(XTZ)、そしてステーブルコインのステーキングサービスを提供している。

カルダノとは

カルダノは、元イーサリアム共同創設者のチャールズ・ホスキンソン氏によって立ち上げられたパブリックL1ブロックチェーン。アフリカ市場にも着目しており、金融包摂を目指す「RealFi」というコンセプトを掲げている。

関連:カルダノ開発IOHKが「RealFi」を提唱、オンチェーンクレジット活動の新時代を告げる

その他の特徴としては、開発プロセスとして、プロトコルに変更を加える前に論文を通して安全性を確保する「ピアレビュー(査読)」形式を採用。取引の記録には、イーサリアム(ETH)によって代表される「アカウントモデル」とは対称的に、ビットコイン(BTC)に由来する「UTXOモデル」を採用していることでも知られている。

コンセンサスアルゴリズムは「ウロボロス」と呼ばれるPoS形式であり、投資家は基軸通貨のADAをステーキングすることで、ネットワークのセキュリティに貢献でき、かつステーキング報酬を獲得できる。

関連: 初心者でもわかる仮想通貨カルダノ(ADA)とは|仕組みや将来性について

21年9月に行われた大型アップデート・アロンゾによってスマートコントラクト機能が追加されており、dApps(分散型アプリケーション)やERC-20コンバータ(ブリッジ)、サイドチェーンの登場など、DeFi(分散型金融)分野でも複数の進捗を見せている。

サイドチェーンとは

サイドチェーンとは、メインチェーンの課題点である処理遅延などを解決するために考案された、補助的な役割を持つブロックチェーンのこと。

▶️仮想通貨用語集

関連: 仮想通貨カルダノ(ADA)、大型アップグレード・アロンゾの実装完了

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します