大手NFT電子市場OpenSea、ソラナ(SOL)決済を導入 Phantom接続も可能か

SOL決済可能に

大手NFT(非代替性トークン)電子市場「OpenSea」はソラナ(SOL)の価格表示・決済を導入したようだ。

現時点では公式発表されていないが、OpenSeaの「Price」欄から、米ドルやイーサリアム(ETH)のほか、仮想通貨SOLが加わったことが確認されている。

出典:OpenSea

また、ソラナ基盤ウォレット「Phantom」を導入したこともSNSで指摘されているが、Phantom接続のオプションは通常のインターフェースにはまだなく、Phantomウォレットから直接接続する必要がある模様だ。なお、現時点ではPhantomに接続しても残高は表示されない。(筆者が検証済み)

今年の1月に、OpenSeaの開発ページにPhantomウォレットのロゴが掲載されており、対応するブロックチェーンのリストにはSOLも入っていることが確認されたという、セキュリティリサーチャーによる投稿がSNSに上がっていた。

関連OpenSea、ソラナ基盤ウォレットを導入か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します