OpenSea、ソラナ基盤ウォレットを導入か

Phantomを導入か

大手NFT(非代替性トークン)電子市場「OpenSea」がソラナ基盤ウォレット「Phantom」を導入する可能性が浮上した。Phantom(ファントム)はNFT画像表示の機能などが盛り込まれたソラナの人気ウォレットだ。

関連ソラナ基盤のウォレットPhantom、スマホ対応へ

セキュリティリサーチャーのJane Manchun Wong氏(フォーブスの30アンダー30の1人)のSNS投稿によると、OpenSeaの開発ページには、Phantomウォレットのロゴが掲載されており、また、対応するブロックチェーンのリストには、ソラナ(SOL)も入っていることが確認されたという。

上記の画像には、ポリゴン(MATIC)のロゴも示されているが、OpenSeaは2021年10月にポリゴンに対応開始した背景がある。現時点では、ソラナとPhantom(ファントム)については通常のインターフェースからは確認できない。

なお、ソラナラボの共同創設者Anatoly Yakovenko氏はWong氏の投稿を受け、「仮に本当ならビッグニュースだ」とコメントした。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します