国内仮想通貨取引所Liquid、4月より「FTX Japan」に社名変更へ

FTX Japanに社名変更

国内暗号資産(仮想通貨)取引所Liquid(リキッド)は25日、4月1日より社名変更を行う方針を発表した。変更する名称は以下の通り。

会社名

  • 旧:QUOINE株式会社
  • 新:FTX Japan株式会社

サービス名

  • 旧:Liquid by Quoine
  • 新:Liquid by FTX

なお、ログイン情報および資産は全て自動的にLiquid by FTXへと引き継がれる予定。また、FTX Japan株式会社による新サービス「FTX Japan」も近日中に公開することを明らかにした。

Liquidとは

LiquidはQUOINE株式会社が手掛ける暗号資産交換業者。2014年に設立された老舗の仮想通貨取引所の1つだ。

執筆時点の取り扱い銘柄は以下の通り。現物取引やデリバティブ取引なども提供する。

大手仮想通貨取引所FTXの親会社であるFTX Trading Limitedは2月2日にQuoin株式会社の親会社であるLiquid Group Incの買収を発表。「日本の規制に準拠した形で、日本の利用者向けの仮想通貨取引サービス提供」を目指す方向を示しており、今後はFTXの日本ユーザーもQuoineに移管していくことがわかっていた。

関連:FTX、日本市場に本格参入へ 国内事業者の親会社Liquid Groupを買収

既存のFTXアカウントを持つ日本居住者のユーザーについては、3月29日午後10時までにFTX Japan(Quoine)への移管作業を行う必要があるため、留意したいところだ。

追記:移管の数日延期

FTXは3月31日、顧客宛てのメールで、Quoineへの移管を2022年4月4日に延期と伝えている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します