バイナンス、サイドチェーンの初期実装としてGameFi向けテストネットを公開

GameFi向けテストネットを公開

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが開発している独自のサイドチェーン「BNB Chain Application Sidechain(BAS)」について、テストネットがローンチされた。

BASはバイナンスが開発するBNB Chain(BNBチェーン)の負荷軽減を目的としたインフラストラクチャー。dApp(分散型アプリ)の開発者やノードオペレーターは、BSCメインネットと並行して動作する独自のブロックチェーンを作成・運用できる。バリデーターセットやガス代といった各種パラメーターをカスタマイズでき、BEP121フォーマットの独自トークンを発行することも可能。最終的にPoSサイドチェーンやZKRollupなど様々な方法で実装可能になる予定。

BASテストネットの初期実装はGameFi(Game+DeFi)向けに最適化されており、既にdApps(分散型アプリ)開発者に公開されている。開発者やノード運営者は、BNBチェーンのパートナーであるNodeReal、Celer Network、Ankrが提供するワンストップ・インフラサービスを利用して、個別にサイドチェーンをデプロイできる。3者はまた、BASで独自チェーンを作成するためのフレームワークを共同設計している。

BNBチェーンのエコシステムコーディネーターであるSamy Karim氏によると、BASのユースケースはNFTゲーム「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」にとってのサイドチェーン「Ronin Network」をイメージすると理解しやすい。ユーザーはBNBチェーンからBASへシームレスに資産を移動させ、BASの超低額の取引手数料で電光石火の取引を体験できる。

バイナンスは先月、バイナンススマートチェーン(BSC)をBNBチェーンにリブランディングすることを発表した。

BSCとバイナンスチェーンの2つを組み合わせ、BNBチェーンとして稼働させていくと説明していた。その際、メタバースとDeFi(分散型金融)を組み合わせた「MetaFi(メタファイ)」という新概念も紹介。BNBチェーンのコミュニティが今後この概念のもとで、GameFiやWeb3.0(分散型ウェブ)、NFT(非代替性トークン)など様々な関連プロジェクトのインフラを構築していくと、新たな方向性を示している。

関連:バイナンス、サイドチェーンのローンチを計画

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します