バイナンス、サイドチェーンのローンチを計画 The Block報道

ブロックチェーンの負荷を分散

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、独自のサイドチェーンのローンチを計画していることが分かった。CoinPostの提携メディア『The Block』が報じた。

サイドチェーンの名称は「BNB Chain Application Sidechain(BAS)」。各アプリケーションに特化して運営できるように設計されており、同社が開発する「BNB Chain(BNBチェーン)」の負荷を軽減することが目的だ。ローンチ時期については、まだ明らかにされていない。

バイナンスは先月、バイナンススマートチェーン(BSC)をBNBチェーンにリブランディングすることを発表。BSCとバイナンスチェーンの2つを組み合わせ、BNBチェーンとして稼働させていくと説明していた。

その際、メタバースとDeFi(分散型金融)を組み合わせた「MetaFi(メタファイ)」という新概念も紹介。BNBチェーンのコミュニティが今後この概念のもとで、GameFiやWeb3.0(分散型ウェブ)、NFT(非代替性トークン)など様々な関連プロジェクトのインフラを構築していくと、新たな方向性を示している。

関連バイナンススマートチェーン、「BNB Chain」に改名

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

BASの役割

今回計画が明らかになったBASは、BNBチェーンを補完する役割を持つ。ゲームのようなアプリが個別のBASを利用できるようにして、トランザクションの混雑を避けられるようにしたり、処理スピードを速めたり、コストを下げたりできるようにする。

バイナンスの担当者はThe Blockに対し、「BASは、ユーザーが増加した場合などに備え、開発者やノードが独自のブロックチェーンを稼働できるようにするためのインフラである」と説明したという。

BASはBNBチェーンと互換性のあるdApps(分散型アプリ)を稼働させられるだけでなく、運営も独自に行えることが特徴。各アプリはセキュリティをBNBチェーンに頼ることなく、独自にバリデータを選ぶことができる。

今後については、GameFiに特化したBASのテストネットの技術的な詳細を、近く発表するとした。

関連ブロックチェーンゲームで遊ぶメリットと自律分散型の将来性|廃猫

バリデータとは

日本語で「承認者」という意味。ブロックチェーン上の取引を検証する役割を持ち、その役割を果たすと仮想通貨で報酬を受け取れる。

▶️仮想通貨用語集

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します